コラム

ジェフ・ベック(Jeff Beck)追悼――閃光を放つプレイでエレキギターの可能性を広げた巨星、その名演を振り返る

Photo by Matt Salacuse
©Warner Music Group

既報のとおり、ジェフ・ベックが死去した。最期まで現役を貫いていただけに、全世界のロックファンやギターファンは驚き、悲しんでいる。その独創的かつ情感豊かなプレイスタイルや進取の気性には、多くの後進ギタリストたちが憧れ、影響されてきた。訃報に触れてから、彼が遺した名演の数々を懐かしんでいる者も多いだろう。今回は彼を追悼して、ギターに造詣が深い音楽ライターの近藤正義にその功績を振り返ってもらった。 *Mikiki編集部


 

ヤードバーズ、ジェフ・ベック・グループ、ベック・ボガート&アピス

エレクトリックギターの巨星、ジェフ・ベックが1月10日に亡くなった。享年78。年齢を感じさせない精力的なツアーを繰り返していたジェフ・ベック 。昨年の夏にジョニー・デップとのニューアルバム『18』を発表したばかりで、11月までツアーも行なっていた。さらに、今年は2017年以来6年ぶりの来日コンサートも予定されていたという。それだけに突然の訃報は残念でならない。

ジェフ・ベックは1944年6月24日、英国サリー州ウォリントンで誕生。65年にエリック・クラプトンの後任としてヤードバーズに加入し、斬新なギターサウンドでロック界に新風を吹き込んだ。67年にはロッド・スチュワート、ロン・ウッドをメンバーにジェフ・ベック・グループを結成してヘビーなブルースロックを、さらに71年には第2期ジェフ・ベック・グループで時代を先取りしたソウルテイストなロックを聴かせた。

73年に結成したベック・ボガート&アピスでトリオ編成のハードロックを極めた後、75年よりインストゥルメンタルを中心としたソロ活動を展開。ヤン・ハマー、マックス・ミドルトン、スタンリー・クラーク、ナラダ・マイケル・ウォルデン、テリー・ボジオ、トニー・ハイマス、ジェニファー・バトゥン、タル・ウィルケンフェルド、ロンダ・スミスなど多くの実力派メンバーをバンドに迎えながらギターシーンを牽引した。

これまでに米国グラミー賞を8回、ロックの殿堂にはヤードバーズのメンバーとして、またソロとしての2回選ばれている。

 

エレキギターの可能性を広げた新鮮なプレイ

ジェフ・ベックのプレイを一言で表すなら、瞬間を捉えて閃光を放つギター。ベーシックな部分にはしっかりとブルースが存在するのだが、ギタリスト、レス・ポールやクリフ・ギャラップの影響をはじめ様々なジャンルの要素を内包する彼のギターは予測がつかないほどトリッキー。故に、彼のプレイはいつも新鮮だった。

彼のギターシーンに残した功績は、エレクトリックギターの可能性を広げたこと。この点に関しては、ジミ・ヘンドリックスの試みをさらに推し進めたと言ってよいだろう。

タグ