独立系レコード店やレコード店の文化を祝う〈RECORD STORE DAY 2023〉が、本日4月22日に開催されています。〈RECORD STORE DAY〉のために制作・リリースされる作品も、すっかり風物詩になりました。今回は、〈今日はこのレコードを買いたい!〉という盤を、独断と偏見で選んでみました。個人的な趣味が丸出しの選盤ですが……お買い物やレコードディグの参考になれば幸いです。今日はぜひ、街へ繰り出してお近くのレコードストアへ!


 

Broken Social Scene『You Forgot It In People (20th Anniversary)

BROKEN SOCIAL SCENE 『You Forgot It In People (20th Anniversary)』 Arts & Crafts(2023)

カナダ、トロントを代表するインディロックバンド、ブロークン・ソーシャル・シーンが2003年にリリースした名盤の20周年記念盤。新たなアートワークとライナーノーツ、貴重な写真や当時のライブのポスターなどが収められた豪華な仕様で、ブラックとブルーのマーブルヴァイナルの2枚組で構成されています。

 

Dirty Projectors + Björk『Mount Wittenberg Orca (Expanded Edition)

DIRTY PROJECTORS, BJÖRK 『Mount Wittenberg Orca (Expanded Edition)』 Domino(2023)

ダーティ・プロジェクターズと、来日公演も記憶に新しいビョークによる2011年の共演作が、デモなどのボーナストラックを13曲収録した2枚組の拡大盤に。比類なき声の力が堪能できる、不思議で独特なレコードです。4月28日(金)には国内盤CDもリリースされます。

 

Emerson, Lake & Palmer『Brain Salad Surgery (Picture Vinyl)』

EMERSON,LAKE & PALMER 『Brain Salad Surgery (Picture Vinyl)』 BMG(2023)

エマーソン・レイク&パーマー、いや、プログレッシブロックの最高到達点のひとつと言える73年の大名盤。『恐怖の頭脳改革』の邦題でもおなじみですね。今回の50周年記念盤は180gのピクチャーディスク仕様。HR・ギーガーの悪夢的なアートワークがターンテーブルの上で回る!

 

Brian Eno『FOREVER VOICELESS (Crystal Clear Colored Vinyl)』

BRIAN ENO 『FOREVER VOICELESS (Crystal Clear Colored Vinyl)』 Verve(2023)

2022年の展覧会〈BRIAN ENO AMBIENT KYOTO〉が大好評だったブライアン・イーノ。彼が気候変動問題や環境問題への思いを込めた、2022年のボーカルアルバムのインストゥルメンタル版がこちらです。盤はクリスタルクリアヴァイナル、スリーブは環境にやさしいエコパッケージ仕様の逸品。

 

Full Moon『Full Moon』

FULL MOON 『Full Moon』 DREAMSVILLE(2023)

日本のAOR/フュージョンファンにはおなじみ、バジー・フェイトンや二ール・ラーセンら伝説的なオリジナル・フル・ムーンの名盤(72年)がレコードで再登場。今回は、2016年の高橋健太郎さんによるマスタリング音源と最新のカッティング、初の帯付き仕様とこだわりの復刻盤。青山陽一さん(GRANDFATHERS)のコメントも初収録されています。CDのリイシューバジー・フェイトン&ザ・ニュー・フル・ムーン名義の再結成作『Full Moon Second』(2002年)の再発盤もチェックを。そして本日15:00からは、パイドパイパーハウスの長門芳郎さん × 高橋健太郎さん × 青山陽一さんによるトークショーがタワーレコード渋谷店6Fで開催されます!

Generation X『Generation X』

GENERATION X 『Generation X』 Chrysalis(2023)

UKパンクの代表的な名盤、ビリー・アイドルらジェネレーションXのデビューアルバムがヴァイナルリイシュー。“Ready Steady Go”“Promises Promises”“Kiss Me Deadly”など、2023年のいま聴いても古びない名曲ばかり!

 

Risa Kumon『FREE』

Risa Kumon 『FREE』 R2 Recordz(2023)

Mikikiが取材をした沖縄出身のバイリンガルアーティスト、Risa Kumonさんの名唱が待望の7インチ化。原曲はデニース・ウィリアムズの名曲“Free”(76年)ですが、それを現代的なチルR&Bサウンドに昇華した絶品のカバーです。DJも必携の一枚!

 

THE MICETEETH『Dance on the Road / 322 Flames(from STUDIO TENTO ver.)』

THE MICETEETH 『Dance on the Road / 322 Flames (from STUDIO TENTO ver.)』 MASTER THRONE(2023)

こちらもMikikiが取材をした、THE MICETEETHの秘蔵音源の7インチ盤。〈大阪の至宝〉の異名をとるオリジナルスカバンドがTHE SKA FLAMESの伊勢浩和による書き下ろし曲を2004年に録音、念願の蔵出しとなりました。カップリングは『from RAINBOW TOWN』(2005年)収録曲“322 Flames”の別ミックスバージョン。

 

Mr. Big『Mr. Big (Translucent Blue Vinyl)』

MR. BIG 『Mr. Big (Translucent Blue Vinyl)』 Emotional Rescue(2023)

7月に来日することも話題のバンドによる89年のデビューアルバム『Mr. Big』が初の重量盤、カラーヴァイナル(アジア流通盤は限定2,500枚の半透明ブルー)、日本語帯付き仕様で再発。オリジナルアナログマスターテープからのリマスタリングということで、往年のファンも必聴! SACDハイブリッド盤など、高音質のCDも出ています。

 

Nirvana『Bleach (Metalic Red Vinyl)』

NIRVANA 『Bleach (Metalic Red Vinyl)』 Sub Pop(2023)

説明不要、ニルヴァーナの伝説的なデビューアルバム(89年)が日本独自の光沢メタリックレッドヴァイナルでリリース。USのサブ・ポップがプレスした盤ですが、日本語の解説と帯付きという日本のファンに向けた豪華なアイテムです。

Ol’ Dirty Bastard『Return To The 36 Chambers: The Dirty Version

OL' DIRTY BASTARD 『Return To The 36 Chambers: The Dirty Version』 Rhino/Elektra(2023)

早逝したウータン・クランの個性派ラッパー、オール・ダーティー・バスタードのデビューアルバム(95年)が2LPのピクチャーディスク化。アクの強い発声とフロウ、ライミングに圧倒されるヒップホップクラシックを、ぜひ手に入れましょう。個人的にウータン・クラン関連作や派生作でいちばん好き!

 

Prefab Sprout『Steve McQueen Acoustic』

PREFAB SPROUT 『Steve McQueen Acoustic』 Legacy(2023)

プリファブ・スプラウトの言わずと知れた大名盤(85年)を、パディ・マクアルーンがアコースティックで2006年の夏に再録した染みる名演。元々はレガシー・エディション(2007年)に収録されていたものですが、今回初めてレコード化されました。

 

The Rolling Stones『Beggar’s Banquet (Colored Vinyl)』

THE ROLLING STONES 『Beggar’s Banquet (Colored Vinyl)』 ABKCO(2023)

68年、ローリング・ストーンズがブルースのルーツに立ち返った、これまた説明不要のロック史に刻まれる大名盤。“悪魔を憐れむ歌(Sympathy For The Devil)”を筆頭に、名曲ばかりですね。今回のポスター付きカラーヴァイナルはグレー、ブルー、ブラック、ホワイトが渦巻き状にプレスされたもので、“地の塩(Salt Of The Earth)”を「ロックンロール・サーカス」で披露した際の歌詞〈a swirling mass of grey, blue, black and white〉へのオマージュになっています。

 

Todd Rundgren『A Wizard,  A True Star』

TODD RUNDGREN 『A Wizard, A True Star』 Bearsville(2023)

トッド・ラングレンによる73年の名盤『魔法使いは真実のスター』、その50周年記念盤 が登場。盤は140g、〈マルチカラーのクラウディサイケデリックエフェクト(multi-colored cloudy psychedelic effect )〉のヴァイナルです(どういうこと?)。ジャケットはオリジナルの四隅を加工したダイカット仕様を再現。

 

Joe Strummer & The Mescaleros『Streetcore (20th Anniversary) (White Vinyl)』

JOE STRUMMER & THE MESCALEROS 『Streetcore (20th Anniversary) (White Vinyl)』 Dark Horse(2023)

元ザ・クラッシュのレジェンドパンクロッカー、故ジョー・ストラマー。彼の死の翌年にリリースされた2003年作がリマスターされ、20周年記念盤になりました。B面の1曲目を飾るのは、リック・ルービンがプロデュースしたボブ・マーリー“Redemption Song”のカバー。2022年にはジョーの生誕70年を祝ったボックスセット『Joe Strummer 002: The Mescaleros Years』がリリースされていましたね。

 

深田恭子『イージーライダー』

深田恭子 『イージーライダー』 ポニーキャニオン/株式会社ローソンエンタテインメント(HMV record shop)(2023)

“キミノヒトミニコイシテル”(2001年)などの名曲を残している〈シンガー・深田恭子〉。深キョンのセカンドシングルにして90年代のJ-Pop黄金時代を彩った名曲が、初めて7インチ化されました。ちなみに99年のリリース当時、アナログは一般販売されず、関係者のみに配布された12インチが存在するのみだったのだとか。今回のシングルは当時のアートワークを踏襲しているそうです。絶対に欲しい!

 


INFORMATION
RECORD STORE DAY JAPAN 2023

2023年4月22日(土)
東洋化成株式会社
お問い合わせ(RECORD STORE DAY JAPAN事務局/東洋化成株式会社):info@recordstoreday.jp
https://recordstoreday.jp/