PR
コラム

Jフュージョンギタリスト15人の〈美声〉――タワレコの一味違うコンピ『IGNITION』で聴く、ギターが最も気持ちよく歌っていた時代

VA『IGNITION J-Guitars Selection』

Jフュージョンギタリスト15人の〈美声〉――タワレコの一味違うコンピ『IGNITION』で聴く、ギターが最も気持ちよく歌っていた時代

レーベル枠を超えて集められた、日本人ギタリストの名曲・名演を網羅したタワーレコード限定のコンピレーションアルバム『IGNITION J-Guitars Selection』が、好評を博している。Jフュージョンの全盛期だった70~80年代を中心に、ギターが奏でる音やグルーヴや〈歌〉へ焦点を合わせ、初代フェアレディZがジャケットを飾る本作。収録曲で聴けるプレイの魅力を、野口広之(ギター・マガジン・レイドバック編集長)に解説してもらった。 *Mikiki編集部

VARIOUS ARTISTS 『IGNITION J-Guitars Selection』 STEPS(2023)

 

ギターが最も気持ちよく歌っていた時代

IGNITION――それは点火の意。60年代にエレキギターによって心に火をつけられた少年たちが巻き起こしたのが70年代のフュージョンブームだった。カシオペアの野呂一生、T-SQUAREの安藤まさひろ、四人囃子の森園勝敏、そして大村憲司に高中正義。日本屈指のギタリストたちが当時最先端の音楽を奏で、数々の名演を生み出した。

『J-Guitars Selection』と題された本コンピレーションは、そんな日本屈指のギタリストによる、ギターが最も気持ちよく歌っていた時代のインスト集である。名を連ねるのは上記の他に、YOUの斉藤英夫、ハング・ライジの中野豊、松原正樹、ナニワエキスプレスの岩見和彦、プリズムの和田アキラ、ゴダイゴの浅野孝已、鳥山雄司、是方博邦、外道の加納秀人、天野清継。総勢15人の豪華な顔ぶれが揃っている。いずれもギターの弾き方をちゃんと心得ている人ばかりだ。人それぞれの声が違うように、ギタリストが15人いれば、そのトーンは全部違う。それぞれの〈美声〉が楽しめるのはもちろん、流れるようにグルーヴィなビートに心が湧き立つ。

この手のギターコンピレーションはいくつもあり、よく知られた曲を詰め込もうとするあまり、よく似た選曲になってしまうことも多いが、こちらは一味違う。王道を押さえながらも隠れた名演、名トラックを自信たっぷりに忍ばせているのだ。それでは曲ごとに見ていこう。

 

和田アキラのメロウな佳曲、ハング・ライジのレアトラック

“朝焼け”は言わずと知れたカシオペアの代表曲。80年代初頭に、ひっきりなしにオンエアされていた大ヒット曲で、イントロのカッティングをコピーした人は多いはず。ここでは2ndアルバム『スーパー・フライト』(79年)からの初出バージョンを収録。

“Maybe Love”は、若き天才ギタリストとして注目されていた斉藤英夫が在籍したYOUの曲。リズムのシカケを多用した典型的なフュージョンソングで、斉藤の伸び伸びしたプレイと、リズム体のグルーヴィな演奏が光る。斉藤はその後、スタジオミュージシャンに転身し、森高千里や吉田拓郎のサポートとしても活動する。

3曲目の“BELIEVIN’”は、ナニワエキスプレスの代表曲で、ギタリストの岩見和彦の作曲。岩見のメロディックなフレーズとスムーズなカッティングが耳に心地よい。まさに名人芸と呼べるプレイである。

次はプリズムの“MORNING LIGHT”。超絶かつ正確な速弾きが売りだった和田アキラが挑んだソフト&メロウな佳曲。伊藤幸毅のエレピと追いかけっこするように、遊び心のあるアドリブを繰り広げている。朝の風景にぴったりな爽やかさが全編に漂う。

そしてハング・ライジの“CRASH!”。これはレアなトラックだ。ハング・ライジは、ジャズドラマー、ジョージ川口の次男でドラマーの川口雷二を中心に結成されたグループで、スタジオミュージシャンやローランドのデモンストレイターとしても活躍する中野豊が在籍していた。天にも昇る勢いでメロディックに伸び伸びと弾き切る中野のアドリブは圧巻。リズムセクションのスピード感ある演奏も心地よい。