2014.11.21

2年ぶりの通算6枚目となる新作には女性シンガー・ソングライターのpianaを全面フィーチャー。電子音楽シーンのなかでも緻密なアレンジと丁寧なプロダクションの評価が高かった彼だが、ひとりの〈歌〉を前面に出すことで統一した世界観の確立に成功している。リード曲である“Lilac”に顕著なように純粋なポップスとしての魅力も増し、より幅広い層のファンに受け入れられることは間違いなさそうだ。

関連アーティスト
TOWER DOORS