コラム

矢野顕子 『JAPANESE GIRL - Piano Solo Live 2008 -』

CDクオリティーでリイシュー! 矢野顕子による『JAPANESE GIRL』完全再現ライヴの魅力をパスピエ成田とAZUMA HITOMIが徹底解説、清水ミチコのコメント動画も

 

 

矢野顕子が、自身のデビュー・アルバム『JAPANESE GIRL』の全曲を披露する公演として2008年3月に東京・すみだトリフォニーホールで行ったピアノ・ソロ・コンサート〈矢野顕子リサイタル2008〉。同ライヴは『JAPANESE GIRL』のオリジナル盤も手掛けた名レコーディング・エンジニア、吉野金次の指示のもと録音され、ミックスも彼自身が担当。配信でも人気を博したその音源『JAPANESE GIRL - Piano Solo Live 2008 -』が、このたびマスター・クオリティーである16bit/44.1khzでCDリリースされた。

矢野顕子 JAPANESE GIRL - Piano Solo Live 2008 - YAMAHA MUSIC COMMUNICATIONS(2014)

Mikikiでは、矢野に強い影響を受けているというパスピエ成田ハネダ(キーボード)と、矢野の最新作『飛ばしていくよ』への楽曲提供も話題となったAZUMA HITOMIに、『JAPANESE GIRL - Piano Solo Live 2008 -』の魅力と、各曲の耳を傾けるべきポイントを語ってもらった。さらに、ライヴでも共演するなど矢野と親交の深い清水ミチコから動画コメントももらったので、併せてチェックを!

 

■成田ハネダ(パスピエ)が語る『JAPANESE GIRL - Piano Solo Live 2008 -』

 

パスピエ(右から2人目が成田ハネダ)

 

言うまでもなく素晴らしいアルバムです。

僕自身はバンドだけでなく、20年程クラシック・ピアノを勉強してきたのですが、その中で音楽を演奏する意義としての〈伝える事〉と〈受け継がれていく事〉が本当に重要であり、特に後者は難しいことだと思っています。この作品は見事にその2つを、ある種オリジナル・アルバム以上に体現していると思いました。

それは、音楽から滲み出る、矢野さんと吉野さんが長年第一線で歩み続けてきた歴史。また、作品としてオリジナルの『JAPANESE GIRL』をピアノ・ソロ・ライヴ盤として復刻することで、自ら老若男女に向け再発信した経緯。

そして、収録されているピアノ1台と歌というあまりにも生々しいフォーマットで、時に温かく、時に突き刺すような表現。そのひとつひとつが、感動という言葉では収まりきらない体験をくれました。

今作を聴いて、矢野さんが揺るぎないマイ・フェイヴァリット・アーティストであること改めて認識しました。

 


 

■AZUMA HITOMIが語る『JAPANESE GIRL - Piano Solo Live 2008 -』

 

 

憧れのミュージシャンのファースト・アルバムというのは、ファンにとっても特別なものだと思います。わたしは『JAPANESE GIRL』をはじめて聴いたとき本当に衝撃を受けました。当時の矢野顕子さんやすばらしい参加ミュージシャンの方々の演奏風景を想像しながら今でもよく聴いています。

矢野さんのコンサートでは、馴染みのある曲も全然違う歌に変身することがあるので、『JAPANESE GIRL - Piano Solo Live 2008 -』のリリースはとても楽しみにしていました! そして思った以上にハマってしまいました。音もとてもよくて、ライヴ・アルバムならではの臨場感がたまりません。矢野さんの表情や指の動きまで伝わってくるような作品です。オリジナルとも聴き比べてたのしんでいます!

 


 

■成田ハネダとAZUMA HITOMIによる、『JAPANESE GIRL - Piano Solo Live 2008 -』全曲解説

1. 気球にのって
・随所に隙間が散りばめられたアレンジで、いろんな想像を掻き立てられます。歌とピアノのかけ合いに注目です。(成田)

・自然の風にまかせて気球がふわふわとのぼっていくような、浮遊感のある絶妙なリズムがかっこいいです。ふわふわしているのだけど、実は見えないところで燃料をがんがん燃やしている、みたいな迫力もたまりません! 大好きな曲です!(AZUMA)

2. クマ
・可愛くて切ない曲に、ピアノの音色がぴったりだと思います。〈クマ〉との物語が、ポロポロと流れるような音の連なりによって紡がれていくようです。(AZUMA)

3. 電話線
・イントロのメロディーが素晴らしくて、よくコピーして弾いて遊んでました。ピアノならではのドラマティックな仕上がり、全体通しての緊張と緩和がこのヴァージョンならではだと思いました。(成田)

・矢野さんのCDを集めていくと、たとえば、“電話線”を聴きたくなった時、その曲はいろいろなアレンジや編成で数枚のCDに収められていることがわかるのですが、それを順番に聴いてみるというのがとても楽しいのです。やっぱり名曲です!(AZUMA)

4. 津軽ツアー
・低音の迫力がカッコいいです! 矢野さんにしか歌えない民謡のリズムがとにかくすごい! (AZUMA)

5. ふなまち唄 PART II
・荒波をゆくような迫力に圧倒されます。たった数行の歌詞の、一言ひとことで、見える景色が変わります。(AZUMA)

6. 大いなる椎の木
・あたたかく、大きな何かに包みこまれるような感覚になる曲。繊細なタッチと、柔らかい歌声。そして時を経て歌う、最後の「全て知ってる」が全てを物語っている気がします。(成田)

・とても美しい曲です。“津軽ツアー”“ふなまち唄 PART II”のあとにこの曲がくるところがすごくいいです。落ち着きます。(AZUMA)

7. へこりぷたあ
・ヘリコプターが落ちていく、ふしぎな曲ですが、演奏が終わった瞬間の矢野さんのたのしそうな叫び声に、テンションは上がります!(AZUMA)

8. 風太
・オリジナル・ヴァージョンではストリングスや琴のアンサンブルが印象的ですが、ピアノだけのアレンジもずっと聴いてみたかった曲です。(AZUMA)

9. 丘を越えて
・約40年前(!)にリリースされたオリジナル・アルバムも衝撃でしたが、このピアノ・ヴァージョンは、景色は全然違うのに、また新たな矢野さん色に染め上げられていて、終りのない進化を感じました。他の曲ももちろんそうなのですが、特にオリジナルと併せて聴き比べてみて欲しい曲です。(成田)

・軽快で清々しい曲が、ピアノの刻みのリズムで盛り上がって、また落ち着いて。その上を自在に跳ねる歌声がとても矢野さんらしくてすてきです。(AZUMA)

10. ふなまち唄 PARTⅠ
・矢野さんの力強い「らっせーら!」に胸が熱くなりました。一緒に歌いたい!(AZUMA)

 


 

■清水ミチコによる『JAPANESE GIRL - Piano Solo Live 2008 -』推薦コメント

 


 アーティスト・プロフィール

矢野顕子
レーベル移籍第1弾にあたる5年半ぶりのアルバム『飛ばしていくよ』も高い評価を集め、12月17日にリリースされるかしぶち哲郎のトリビュート盤『a tribute to Tetsuroh Kashibuchi ~ハバロフスクを訪ねて』にも参加するなど、精力的な活動を展開中。また、矢野とTIN PAN (細野晴臣林立夫鈴木茂) という顔合わせで行われる〈さとがえるコンサート2014〉が、12月9日(火)にスタートする。この4人だけでツアーを行うのは今回が初となるので、参加予定のファンは楽しみにしておこう。

〈矢野顕子 さとがえるコンサート2014〉
日時/会場:
12月9日(火) 福岡・IMS HALL
12月11日(木) 愛知・Zepp Nagoya
12月12日(金) NHK大阪ホール
12月14日(日) 東京・NHKホール
オフィシャルサイト:http://satogaeru2014.com/

 

成田ハネダ(@narihane/パスピエ)
今年6月に最新アルバム『幕の内ISM』を引っ提げての全国ツアーを展開中のバンド、パスピエの中心人物。彼らは配信シングル“贅沢ないいわけ”を発表したばかりで、ツアーの会場ではヴォーカル・大胡田なつき謹製のジャケットも配布中だ。また、〈COUNTDOWN JAPAN 14/15〉や〈FM802 25th Anniversary 802GO! ROCK FESTIVAL RADIO CRAZY 2014〉といった年末の大型イヴェントへの参加も決定しているので、詳細はリニューアルしたパスピエのオフィシャルサイト(https://passepied.info/)にてチェックを!

〈パスピエ TOUR 2014 "幕の内ISM"〉
日時/会場:
12月4日(木) 静岡・Live House浜松窓枠
12月6日(土) 香川・高松オリーブホール
12月8日(月) 広島ナミキジャンクション
12月11日(木) 宮城・仙台Rensa
12月13日(土) 北海道・札幌PENNY LANE24
12月21日(日) Zepp DiverCity (TOKYO)

 

AZUMA HITOMI
矢野顕子の最新アルバム『飛ばしていくよ』に参加したことでも注目を集めた、88年・東京生まれのソングライター/サウンドクリエイター/シンガー。今年6月に発表したミニ・アルバム『CHIRALITY』では、これまで以上にシンガー・ソングライターとしての側面を押し出しつつ、誰もが享受できるポップ・ミュージックを展開。ライヴも積極的に行っているので、気になる人はチェックをお忘れなく(オフィシャルサイト:http://azumahitomi.com/)。

〈AZUMA HITOMI ライヴ予定〉
日時/会場:12月5日(金) 東京・西麻布 音楽実験室 新世界 [Maika Leboutet presents~LEBOUTET CLUB Vol.3 100 Special Release Party~]
開場/開演:19:00/19:30
出演:Maika Leboutet(Special Live Set)、AZUMA HITOMI(生ピアノ+α 弾き語り)
チケット:前売 2,500円/当日 3,000円
問い合わせ:音楽実験室 新世界(03-5772-6767)
チケット予約:http://shinsekai9.jp/2014/12/05/maikamomo/

 

清水ミチコ
ミュージシャン、タレント、女優、文筆家とマルチに活躍、ももいろクローバーZのメンバーが主演する来年公開の映画「幕が上がる」にも出演する清水は、12月24日に待望のニュー・アルバム『趣味の演芸』をリリース。さらに2015年1月2日(金)には、東京・日本武道館でワンマン公演〈趣味の演芸〉を開催する。こちらのチケットは好評発売中なので、詳細は彼女のオフィシャルサイト(http://4325.net/)にてご確認を。

〈清水ミチコ一人武道館~趣味の演芸~〉
日時/会場:2015年1月2日(金) 東京・日本武道館
開場/開演:15:00/16:00 
チケット代:指定 6,000円(税込/お土産付)
チケット詳細:http://4325.net/information/index.html

TOWER DOORS