COLUMN

異様に層の厚くなった日本語ラップ大豊作の一年

【OPUS OF THE YEAR 2014】 Part.17

 前年にANARCHYが“LOYALTY”で歌っていたように〈今の日本語ラップみんなヤバい〉という状況は続いていて、そのムードのまま2014年も終わった感じだ。とにかくタイプがバラバラで、昔のように文系/サグ系などという安直な分類や世代感では括れないほど重なり合いながら層を厚くしている点は理解されたし。そんな緩い繋がりを下敷きにしつつ、JAZEE MINORT.O.PKLOOZTOCら多くの面々がそれぞれ意欲的な作品で楽しませてくれた。

【参考動画】JAZEE MINORの2014年作『Black Cranberry』収録曲“100”

 

 また、レーベル感を積極的に出している鎖GROUPBLACK SWANはもちろん、FILLMORE率いるWESTAHOLICZeebraの設立したGRAND MASTERZORNを引き入れた昭和レコードDREAMBOYWDsoundsなど、レーベル単位での色付けや動きのおもしろさを各々が増しているあたりは新年も注目すべきポイントになっていくだろう。

【参考動画】鎖GROUPからリリースされた漢 a.k.a. GAMIの2014年作『9sari』収録曲“my money long”

 

▼関連作品

左から、Y'S『LOVE HATE POWER』(THE FOREFRONT)、紅桜『紅桜』(Party Gun Paul)、stillichimiya『死んだらどうなる』(MaryJoy)、KOWICHI『THE DINER』(WESTAHOLIC/Pヴァイン)
※ジャケットをクリックするとTOWER RECORDS ONLINEにジャンプ

40周年 プレイリスト
pagetop