エンター・シカリ、オーケストラ導入し進化したサウンド&メロディーの成熟も聴き逃せない4作目

2015.02.16

デビュー当時に謳われた〈レイヴmeetsメタル〉の宣伝文句だけでは飽き足らず、ラウド・シーンを横断するミクスチャー・サウンドを追求してきたUKの4人組。細分化されたラウド・ロックのさまざまな要素を楽しめるという意味ではこれまで通りだが、この4作目ではオーケストラを導入し、さらなる進化をアピール。斬新&ショッキングなアレンジに耳を奪われがちだが、メロディーそのものの成熟も聴き逃せない。

関連アーティスト
TOWER DOORS