正体不明の若きプロデューサー、ブラックドアウトのウィッチ・ハウスやインディーR&Bなど近年のキーワード総括するような初作

2015.02.19

ラパラックスバラム・アカブインクあたりを嗜好する甘党にはたまらない、正体不明な若きプロデューサーの初作。アトモスフェリックに揺らぐ音像、エモーショナルに鳴くピッチ・シフト声は、ウィッチ・ハウスインディーR&Bなどここ数年のキーワードを総括するかのよう。そこにエモポスト・ロックの感傷へ触手を伸ばした“Football Season”が並んでも違和感なく聴ける、インディー・オールタイム感が秀逸。

関連アーティスト
TOWER DOORS