コラム

上方落語は米朝によって永遠に残ることになった―去る3月に永眠した桂米朝の〈広くて深い〉高座の記録

EXOTIC GRAMMAR VOL.39

上方落語は米朝によって永遠に残ることになった―去る3月に永眠した桂米朝の〈広くて深い〉高座の記録

米朝の歌声

 桂米朝がこの世をあとにしたのは2015年3月19日。翌日の新聞は、いずれも第一面にその訃報を掲載した。「米朝の死」は、落語界だけでなく、社会的に大きな意味を持っていたわけである。米朝は上方落語初の人間国宝であるというだけでなく、まさに上方落語界の大黒柱であった。

 現在の上方落語は天満天神繁昌亭という寄席もでき、人気者や実力者がひしめきあっていて、質量とも充実している。一例をあげるなら、日本中を家族と乾杯しながら歩いている笑福亭鶴瓶も、近年は落語家としての活動に重点を置いている。いまや、上方落語は空前の繁栄期と言ってもいいかもしれない。

 信じられないことかもしれないが、今から70年前、「上方落語」が地上から姿を消そうとしていた時期があった。戦前、戦中と「漫才」という新しい芸能の勢いに押されて寄席の片隅に追いやられていた上方落語は冬の時代を迎えていた。その上、なんとか伝統を後世に伝えようとがんばっていた五代目笑福亭松鶴、四代目桂米團治、二代目桂春団治といった師匠連が終戦直後の昭和二十年代後半にバタバタと世を去って行った。気の早いマスコミは「上方落語はこれで滅んだ」という記事を掲載するに至った。

 そのころ上方落語の世界に身を投じたのが桂米朝である。米朝はもともと研究家としての道を歩もうと志していたが、滅亡の危機に瀕している上方落語を目前にして、自ら実演者として上方落語のおもしろさを世に伝えることを決心した。

 米朝は、それまで関西地域限定のローカル芸だった「上方落語」に現代人の視点から再検討を加えて、わかりにくい言葉や風習などは解説を加え、ときには言葉を補って関西以外の全国に通用する芸能に進化させた。過去にいろんな芸人が存在したが、ひとつの芸のジャンルをよみがえらせた例は知らない…というのが桂米朝に対する公式の見解である。

 伝統芸能の偉大な存在を喪ったとき、よく耳にするフレーズが「これで本物の芸は滅んだ」というものである。これまでに、何度も「江戸前の芸」や「古風な味わいの芸」が姿を消したことになっている。いわば、70年ほど前に「上方落語は滅んだ」と報道したのと同じことである。ただ、米朝の場合に限っては「これで上方落語は滅んだ」という類の説は聞こえてこなかった。かえって「上方落語は米朝によって永遠に残ることになった」という評価が多かったように思う。

 確かに桂米朝の落語を生で聞くことはできなくなった。落語という芸能は高座の落語家と客席が一体となって作り上げる空間が生命であることは間違いない。そういう意味で米朝落語の「空気」を感じることはできなくなった。しかし、米朝は数多くの録音と映像を遺してくれた。

 後進の落語家にとっては何よりの道しるべである。これから何百年たったあとでも、「上方落語」という芸能が残っている限り、未来の落語家が迷ったとき、「どこへ戻ったらいいのか」という原点になる記録を遺してくれたのだ。

 もっとも、これはプロの落語家にとっての価値であり、一般の落語ファンの皆さんにとっては数多いおもしろい物語が、まさに際限なく取り出せる「玉手箱」のようなものなのである。

 

 現在、手に入れることのできるCDで最も古い時代のものは40代後半から50代にかけての高座を収めた『桂米朝上方落語大全集』である。全40枚のCDが10枚ずつ四期に分けて販売されている。63歳から66歳までの高座を収めたのが『特選‼米朝落語全集』。40枚のCDに80席の噺が入っている。

 この二つの全集の中間に存在するのが51歳の高座である『米朝十八番・桂米朝六日間連続独演会』と、53歳から59歳までの間の高座から選ばれた『米朝十八番』で、いずれもこのたびCD化された。

 いずれのシリーズにも得意にしておられた『百年目』と『地獄八景亡者戯』が収められているので聴き比べて楽しむこともできる。

 一方、映像ではCDにもなっている「特選‼米朝落語全集」のシリーズの内、60席が30枚のDVDとして発売されている。

 そのほか、NHK、TBSと在阪民間放送各局に残っていた高座を集めた『蔵出し!米朝全集』と、米寿を記念にして関西テレビの映像を中心にしてまとめられた『ほんまにとっておき米朝噺し』というボックスも発売されている。

 さらにはTBSからは『落語研究会 桂米朝全集』、読売テレビからは『米朝落語の世界』などが出ており、放送局の映像をもとにこれからも発売される可能性は高い。

 「こんなにたくさん紹介されたら、どれから聴いたらいいかわかりません!」とおっしゃるお方には“味見”として『THE米朝』というCDとDVDがカップリングになっているアルバムをお薦めする。CDは《地獄八景亡者戯》というあの世を描いた大作が入っており、DVDには船場商人の心意気を描いた名作《百年目》と、歌舞伎の舞台から客席の反応までを、下座囃子を駆使しながら米朝がたった一人で演じてのける《本能寺》が入っていて、最も手軽に米朝のいろんな面を見ることができる。

【参考動画】桂米朝による〈地獄八景亡者戯〉

 

 これで米朝落語にハマったら、先ほどご紹介した全集の世界に入ってきていただき、さらに奥を求めるレベルに達したら「米朝珍品集」というちょっと辛口の笑いの入ったシリーズも存在する。

 また、スタジオ録音盤ではあるが落語会の高座ではめったに聴くことのできない色っぽい落語ばかりを集めた『米朝上方艶笑落語 いろはにほへと』が正続2枚発売されているので“仕上げ”にお聴きいただくといい。

 ことほどさように米朝の落語はほんの初心者から、酸いも甘いもかみ分けたほんものの“通”にまで楽しんでいただける幅の広さを持っている。世間では「広くて浅い」か「深くて狭い」が通り相場なのに、米朝落語は「広くて深い」のである。

 珍しい高座としては米朝の歌声が収められているDVDがある。落語の中で登場人物が歌っている高座はいくつかあるが、純粋に歌だけを披露している高座は珍しい。前にもご紹介した『ほんまにとっておき米朝噺し』の中に収められていて、《七福神》という小咄を演じたあと〈都々逸〉と〈大津絵〉を披露している。いずれも寄席らしい軽い調子の歌声で、ことに〈大津絵〉は、寄席風に歌える人が少なくなっているので貴重な記録になっている。お聴きいただくとわかるが、歌とはいいながら語りが半分で、台詞にフシがついているようなシャレたものである。きっと昔々の寄席では、古い芸人さんが気取ることもなくサラリと歌って聞かせていたのであろう。貴重な映像だと思う。

 高座以外でも、例えば宴席で気分よくお酒のまわったときにはときとして歌声をきかせてくださることはあった。〈大津絵〉のような上方の花街に伝わる古い歌の場合もあったし、義太夫のサワリのこともあった。ときには浪曲の一節をまるごと語って聞かせてくださったこともあったし、謡曲のときもあった。

 後にも先にもただ一度だけ聞いた珍品は、大阪のサンケイホールで開かれた一門会の打ち上げで乾杯したあと、キタの新地のラウンジに場を移しての二次会の席だった。その店にはフロアーにグランドピアノが置いてあり、興にのった師匠が、なんとピアノにもたれてシャンソンを歌いだしたことがあった。私も酔っていたので長らくの間、夢を見ていたような気持ちでいたが、最近になって「あれは夢でも幻でもなく現実におこったことだ」と確認するようになった。歌った曲は《枯葉》だったか、なんだったか? 

 こればかりは、どこにも録音も記録もないので断言できないのが残念だ。失礼ながら、国宝にも意外な一面があった…というお噂。

【参考動画】桂米朝による〈始末の極意〉

 


桂米朝(かつら・べいちょう)
【1925-2015】

落語家。本名中川清。旧関東州(満州)大連市生まれ、兵庫県姫路市出身。上方落語の復興に尽力し、昭和以降の「上方落語の四天王」と呼ばれた落語界を代表する落語家の一人。1996年に落語界からは2人目となる重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定され、2009年には演芸界初の文化勲章受章者となる。現代の落語界を作り上げてきたその功績はあまりに大きい。


寄稿者プロフィール
小佐田 定雄(おさだ・さだお)

大阪府生まれ。落語作家。77年に桂枝雀に新作落語《幽霊の辻》を書き、その後も落語の新作や改作、滅んでいた噺の復活などを手がける。これまでに書いた新作落語台本は二百席を超え、近年は狂言や文楽の台本も手がけている。95年に第1回大阪舞台芸術賞奨励賞を受賞。

関連アーティスト