2015.09.17

UKのポップ・ロック・バンドによる2作目。聴いてまず想起したのは全盛期のデュラン・デュランだ。土台は芯のある骨太なロックだが、メロディアスかつダンサブルなキラメキを塗すあたりは80年代のニューロマに共通するアプローチ。タフさも感じられるフロントマンのヴォーカルとラジオ・フレンドリーな楽曲との相性も良い。演奏力も高く、ダーティ・ループスが好きな人に薦めたくなる。

関連アーティスト
40周年 プレイリスト
pagetop