ロバート・グラスパーを中心に、ここ数年活況が続いている新世代のジャズ・シーン。その盛り上がりを反映するように、この秋は旬のミュージシャン/バンドの来日公演が続々とアナウンスされており、注目のステージが目白押しだ。監修を手掛けたムック「Jazz The New Chapter 3(以下JTNC3)」が刊行されたばかりの音楽評論家・柳樂光隆が、その見どころを前編/後編の2回に分けて解説する。

後編ではLAジャズの巨星カマシ・ワシントンを筆頭に、ロベルト・フォンセカクリスチャン・スコット挾間美帆ケンドリック・スコットと注目アーティストが続々とやってくる10~11月の公演を一挙紹介。さらに、ジャズ・クラブを気軽に楽しむためのアドバイスも最後に伝授してもらった。〈グラスパー以降〉のシーンにおける群雄割拠の充実ぶりを、その肌で直接体感してみてほしい。

★前編はこちら
★スタンリー・クラーク来日特集はこちら

 


 

 【ロベルト・フォンセカ】
日時/会場
10月4日(日)~5日(月) BLUE NOTE TOKYO (公演詳細はこちら

 

〈キューバのグラスパー〉という異名をもつ、若手屈指のジャズ・ピアニストが再来日を果たす。

「彼が2013年に発表したアルバム『Yo』は、ラテン・ジャズのマナーを継承しながら、ヒップホップやエレクトロの要素を採取り入れ、ハービー・ハンコック~グラスパー的なピアノを思い切りアピールしてみせるエポックメイキングな作品でした。ジャイルス・ピーターソンが2009年に編纂した『Havana Cultura - New Cuba Sound』というキューバ音楽の新世代を紹介するコンピレーションでも大活躍しているし、マーラによるダブステップの名作『Mala In Cuba』(2012年)にキューバのエッセンスを注ぎ込んだ張本人でもあります」

 

さらに今年は、マリの歌姫ファトゥマタ・ジャワラとの共演ライヴ盤『At Home - Live In Marciac』を発表して話題となった。(レビューはこちら

「これまでのキューバン・ジャズも、アフリカ音楽やクラシックを採り入れようとする動きはあったけど、ここまで思い切った才能はいなかった。キューバといえばブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブが日本でも大ヒットしましたが、フォンセカはそこにも参加して名を上げて、さらにその先まで突き進もうとしている」

〈JTNC3〉では、現在進行形のラテン・ジャズについても大きく誌面を割いて特集している。

「ある時期から、ラテン・ジャズの世界で新しい才能が突然変異的に増えだしたんですよ。アメリカとキューバの国交関係が良好化して、アメリカのジャズやポップ・ミュージックを取り入れる動きが増えたというのと、NYにいるキューバやプエルトリカンに若い世代が増えてきて、自分たちの血筋に拘束されすぎない、自由な感性を持ったミュージシャンが台頭しているのが大きいんだと思います。つまり英米のジャズ・シーンと同様に、ラテン圏でもジャズのハイブリット化が進んでいる。フォンセカがその流れの象徴でしょう」

となると、ライヴも目が離せなさそうだ。

「もとはクラシック出身だから、ピアノの鳴りからしてまったく違う。というか、キューバには基本的にバカテク・プレイヤーしかいないので(笑)、見どころの連続だと思います。単純に演奏スキルが優れているのと、サルサルンバクラーベなどで培ったリズム感覚が、複雑な構成を伴う今日のジャズにすごく活かされている。〈JTNC3〉で執筆者の吉本秀純さんも言及されているとおり、大物グループのサイドメンとしてラテン系ミュージシャンが活躍する事例が増える一方だし、フォンセカのほかにも注目すべき才能が続々と現れている。この動きは今後ますます見逃せなくなるはずです」

 

【クリスチャン・スコット・アトゥンデ・アジュアー】
日時/会場
10月7日(水)~9日(金) BLUE NOTE TOKYO (公演詳細はこちら

 

 

ジャズの伝統を背負いながら斬新なアプローチでも注目を集め、新世代をリードするカリスマ・トランペッターもBLUE NOTE TOKYOにやってくる。

「彼はジャズ発祥の地、ニューオーリンズの出身。ウィントン・マルサリスニコラス・ペイトンテレンス・ブランチャードなどの大御所を輩出した高校の出身で、そのあとは名門バークリー音大でジャズの正統な教育も受けている。そして高校の偉大なる先輩たちと同様に、オールド・スタイルなジャズの技術も磨きながら、ジャンルの隔てなく様々な音楽を吸収し、最先端のセンスを取り入れています。プリンスモス・デフソランジュなどとも共演歴を持つほか、レディオヘッドを尊敬していて、アトムス・フォー・ピースと同じステージに立ち、トム・ヨークの曲もカヴァーしている。そういう背景もあるからか、そのサウンドにはポスト・ロックにも通じるものがありますね。まさに、現代ジャズ・ミュージシャンのお手本みたいな人。グラスパーがヒップホップ/R&Bを取り入れて新しいページを切り拓いたように、クリスチャン・スコットはロック的な手法を導入してプログレッシヴな未来を描いているように思います」

自身の名をタイトルに冠し、2枚組の大作となった2012年の前作『Christian Atunde Adjuah』も堂々たる出来栄えだった。

「彼はマルディグラ・インディアンの家系で、そういう自身のルーツをテーマにしたアルバム。地元を襲ったハリケーン、カトリーナでの被害に対する政府の対応を非難したりメッセージ性も強い一方で、プリペアード・ピアノを駆使したり、ミュートしたピッチのおかしいドラムを使ってみたり、斬新なサウンドにもトライしている」


そして9月リリースの新作『Stretch Music』は、今年発表されたジャズ・アルバムのなかでも群を抜いて革新的な一枚に仕上がっているという。日本盤のライナーノーツは柳樂氏が執筆した。

「ストレッチ、要するに〈拡張〉ですよね。いろんな音要素を取り込むことで、ジャズのポテンシャルを拡張するというのがコンセプトで、唯一無二の音像とグルーヴを獲得しています。前作まではエリマージジャマイア・ウィリアムスがドラムを叩いていて、彼も新世代ドラマーの筆頭格といえる存在ですけど、新作ではもっと若手にチェンジしていて。今年7月に来日したジャズ・オルガンの大家、ドクター・ロニー・スミスのバンドにも参加していたゴスペル出身のジョー・ダイソンと、〈グラスパー以降〉の新しいジャズ・ファンクを体現するブッチャー・ブラウンというバンドのコーリー・フォンヴィル。この2人を併用し、サンプリングのドラム・パッドを叩かせたりしながらリズムを構築している。これは誰が聴いても驚くと思います」
 

 

ジョー・ダイソンは今回の来日にも参加するので、期待は高まるばかりだ。バンドは8人編成で、主役であるクリスチャン・スコットの沈鬱で抒情的なトランペットがやはり鍵を握る。

「かつてディジー・ガレスピーが愛用したような、上向きに曲げたトランペットが彼のトレードマーク。ガレスピーの角度が45度で、クリスチャンのものは23度らしいです。改造トランペットには譜面を見やすくするとか、観客に顔を向けて演奏できるといったメリットがあるんですが、彼の場合は改造トランペットでひたすら特殊な音を出すための練習に没頭した結果、コルネットやフリューゲルホルンみたいな音を吹けるようになったそうで。ダークな音色を出せるから、従来のジャズとは違う表現ができると話しています。そういった既存の奏法とまったく違うコンセプトに挑む姿も、実に現代ジャズ的ですよね。クリスチャン・スコットは他のジャズ・ミュージシャンと違って客演が少ないのに、自分が作品をつくるときは優秀な人たちが次々と集まってくる。その事実が、なにより実力を物語っていると思います」

 

【カマシ・ワシントン】
日時/会場
10月30日(金)~11月1日(日) BLUE NOTE TOKYO (公演詳細はこちら

photo by Mike Park

 

秋の来日ラッシュのなかでも、大きな目玉となるのがカマシ・ワシントンブレインフィーダーから発表された3枚組の超大作『The Epic』が世界的に評価され、名実ともにLAジャズ・シーンの最注目人物へとなった理想的なタイミングで、本邦初のリーダー公演が実現する。

「グラスパーの『Black Radio』は、メインストリームに寄せる形で新しいリスナー層を獲得してみせたわけですが、カマシはあそこまでストレートなジャズ作品なのに、ピッチフォークなどジャズ以外のメディアにも高く評価されているのもすごいですよね。ケンドリック・ラマーの作品にフィーチャーされたり、他のジャズメンに比べて文脈がいろいろ揃っているのが大きかったのだとしても、新しい扉をこじ開けてみせたのは間違いない」

 

彼はサックス奏者や音楽家として、どんなところが優れているのか。

「やっぱり演奏がパワフルですよね。彼のサックスはルーツを辿ると、まずはジョン・コルトレーンがいて、それからハンコックのヘッド・ハンターズにいたベニー・モーピン、そしてケニー・ギャレット。コード・チェンジしまくりながらエネルギッシュにでかい音で吹きまくる。そういう系譜を引き継いでいるから、古くからのジャズ・ファンにも歓迎されています。その一方で、ジェラルド・ウィルソンという西海岸が誇る作曲家のビックバンドにカマシは参加していたんです。このときの経験が大きくて、作曲家志向も強くてアレンジにも精通している。だから、自身の演奏をもすっきりしたアレンジで鳴らすことができて、吹きまくってるのにうるさくない」

そういったアレンジの才とバランス感覚が、『The Epic』を現代ジャズ作品たらしめている要因なのだという。

「ドラマティックなんだけど暑苦しくないんですよね。スピリチュアル・ジャズには、いろんなものが突出しているけど何かが欠けているといった不揃いな部分が多かったはずだけど、『The Epic』にはそういう欠けた部分が見当たらない。言い方を変えると、あらゆるものが演奏/録音レベルの高さを保ったまま完璧に配置されている。そこに現代性があるといえるのではないかと。しかも、プロデュースはフライング・ロータスで、エンジニアはLAのビート・ミュージック・シーンを長らく支える〈Low End Theory〉の首謀者ダディ・ケヴ。そして出来上がった音楽は、ジェラルド・ウィルソンやLAで隆盛を誇ったフュージョン、ブラック・ジャズニンバスといった西海岸のスピリチュアル・ジャズ・レーベルから、ビルド・アン・アークなどカルロス・ニーニョが手掛けた一連のプロジェクトにまでリンクしている。自分が生まれた地域で育まれた歴史や文脈が『The Epic』を軸に繋がっていて、やっていることのすべてが何かと紐づいている。まるで生まれたときから背負ってきた運命を形にしてみせたような、〈叙事詩〉の名にふさわしく圧倒的に誠実でスケールの大きなアルバムだと思います」

 

『The Epic』にはオーケストラやシンガー隊も含む総勢60名ものミュージシャンが参加しているが、今回の来日では選りすぐりの7人編成でステージに立つ。

「メンバーはLAに住む古くからの仲間たち。まずはロナルド・ブルーナーJr.トニー・オースティンのツイン・ドラムがヤバいですよね。前者はサンダーキャットの実兄で、弟の来日公演でも壮絶な叩きっぷりを見せてきたので、その実力はジャズ・ファン以外にも知られるところでしょう。鍵盤奏者のブランドン・コールマンも、西海岸シーンのキーパーソンになりつつあります。LAにはハリウッドがあったりする関係で、職人的でテクニカルなプレイヤーが多い。だからフュージョンが強い地域で、その界隈ではLAからミュージシャンを発掘するような流れもあるんですよね。ジョージ・デュークマーカス・ミラーに、カマシも昨年の来日公演で参加したハーヴィー・メイソンもそう。そういう大御所たちがフックアップしている実力派の若手が、カマシのバンドを構成していて、普段はフュージョンをやっているけど、カマシのバックではビート・ミュージックやヒップホップを通過した今日的なフィーリングでプレイしています」

 


9月30日(水)~10月3日(土)にBLUE NOTE TOKYOへ登場するスタンリー・クラークも、そういった若手を積極的に登用してきたレジェンドのひとり。

「サンダーキャット本人もリスペクトを公言するとおり、彼の大先輩に当たるベーシストですよね。今回の来日メンバーであるキーボードのキャメロン・グレイヴスは、カマシが率いるネクスト・ステップというバンドの一員で、フライング・ロータスのアルバムにも参加している。それに、スタンリー・クラークの過去作にはカマシ自身も参加しています。チック・コリアリターン・トゥ・フォーエヴァーで名を馳せて、近年は上原ひろみをフィーチャーしてグラミー賞も獲得。そんなベース・ヒーローも、フュージョン以前にはディー・ディー・ブリッジウォーターの参加したスピリチュアル・ジャズの名盤『Children Of Forever』(73年作)を発表したり、西海岸の血も色濃い。今回のステージも、新しいジャズを通過したいまこそ気づく発見が多くありそうです」

★スタンリー・クラーク来日特集はこちら

【参考動画】カマシ・ワシントンの参加した、スタンリー・クラークの2013年のライヴ動画

 


【ケンドリック・スコット・オラクル】
日時/会場
11月10日(火)~11月11日(水) BLUE NOTE TOKYO (公演詳細はこちら

 

グラスパーやビヨンセジェイソン・モランクリス・デイヴなどを輩出したヒューストンの名門校〈High School For The Performing And Visual Arts〉出身、テレンス・ブランチャードからカート・ローゼンウィンケルカート・エリングなどの大物と共演してきた新世代のトップ・ドラマーも再来日。しかも今回は、名門ブルー・ノートに移籍後第1弾となる新作『We Are The Drum』(※9月30日発売)を引っ提げての登場だ。

「ドラマーとしての特徴は、オールドスクールなスウィングから、現代的なグルーヴまでジャズのリズムの歴史を完璧に体得してみせるオールマイティーさ。ダイナミックかつ繊細で、新しい世代のドラマーでも最もバランスが取れており、既にヴェテランのような風格を漂わせています」

そんなケンドリック・スコットが率いる、自身のグループがオラクルだ。

「〈JTNC〉でも現在進行形ジャズの最重要アルバムのひとつとして挙げた『Daylight At Midnight』(2010年)を創り上げたピアニストのテイラー・アイグスティに、ギターのマイク・モレノ、サックスのウォルター・スミス3世、ベースのジョー・サンダースという、この世代のトップを揃えたオールスターの名にふさわしいバンドです。様々なジャンルを自在に取り入れ、若手屈指のインプロヴィゼーションを組み込んだサウンドの完成度は、現代ジャズの中でも特筆すべきものでしょう」

さらにケンドリックはカヴァー曲のセレクトも先鋭的であり、ジャズに根差しながら果敢に音楽性を広げている。

「2013年の前作『Conviction』でもスフィアン・スティーヴンスブロードキャストの曲を取り上げ、『We Are The Drum』ではフライング・ロータス“Never Catch Me”のカヴァーを収録している。〈ドラム・セットでオーケストラのような多彩な音を奏でたい〉と語るケンドリックが、この曲ではケンドリック・ラマ―のラップ部分をドラムに置き換えて、まるでメロディーを歌うような圧倒的プレイを披露しているんですよ。それに新作では、ミナスの巨人ミルトン・ナシメントを意識したサウンドを取り入れるなど、音楽性のレンジも一気に広がっている。作曲と即興、アンサンブルのバランスがさらに進化し、バンドとして成熟の域にまで到達。ケンドリックのドラムスもこれまで以上に活き活きとしていて、これを生で体感したらどれほどすごいのか。ちょっと想像できないかも(笑)」

【挾間美帆 m_unit】
日時/会場
10月15日(水) BLUE NOTE TOKYO (公演詳細はこちら

photo by SHITOMICHI (vale.)

 

そして柳樂氏がもう一組、注目ライヴとして推薦するのが挾間美帆だ。

 

「彼女はNYで活動している若いジャズ作曲家で、最近ではスナーキー・パピーとの共演でも話題となったメトロポール・オーケストラや、日本だと坂本龍一DE DE MOUSEとも仕事したことがある。2012年のファースト・アルバム『Journey To Journey』はサニーサイドというNYの優良レーベルから発表されて、世界でも権威のあるダウンビート誌でも高く評価されるなど、アメリカのシーンの最先端で独自の立ち位置を築きつつあります」

そして9月23日には、待望の新作『Time River』をリリース。m_unitというオーケストラを率いてのライヴには、柳樂氏も圧倒されたという。

「もともとクラシックや現代音楽を経由してジャズに入った人で、その素養を活かして両者を組み合わせたサウンドを生みだしている。新作ではマーク・ジュリアナがやるような、ドラムのチューニングを変えたエレクトロっぽい音を入れたりしながら、オーケストラのアンサンブルによって音響空間を作り出している。新作の“The Urban Legend”という曲を聴いてもらえれば伝わると思いますが、彼女はすごく気持ちいいテクスチャーを作れるんですよ。細部まで譜面で作り込んだ楽曲を、一流のジャズ・ミュージシャンを集めて演奏させている。ジャズの即興を交えつつクラシック音楽の音響的な魅力を引き出し、さらにレディー・ガガパーフェクト・サークルのカヴァーも披露してみせるんだから、ユニークで新しい感性の持ち主だなと。僕も以前ライヴに足を運んだんですけど、本当に衝撃的でした。マリア・シュナイダーが刷新したラージ・アンサンブルの未来に立つ、新しいジャズのかたちが観れると思います。m_unitには、『The Way』という素晴らしいアルバムを出したばかりのピアニスト、宮川純も参加しているので彼にも注目してみてください」

 

 



ここまでジャズの注目公演を紹介してきたが、特に若いリスナーにとっては、BLUE NOTE TOKYOのようなジャズ・クラブは敷居が高く思われているのかもしれない。とはいえ、新しいジャズがこうして盛り上がっているのだから、ここまで目を通すほど興味があるのなら、せっかくのチャンスを見過ごしてしまうのは勿体ないに決まっている。そこで最後に、柳樂氏から気軽に愉しむためのアドバイスを伝授してもらった。

「そんなに身構えなくても、普段どおりのカジュアルな服装とノリで全然大丈夫です。僕もよくTシャツに短パンとスニーカーで、ベースボール・キャップを被って行ってるので(笑)。それと同時に、普通のライヴハウスでは味わえない洗練された空間で、ちょっと背伸びした気分を味わうのも醍醐味なんじゃないですか。ワインはもちろん、公演アーティストにちなんだスペシャル・カクテルを味わってみたり。ノンアルコールもあるし、フード・メニューも充実している。

それに客席とステージの距離が近いから、演奏も間近で観れるんですよね。ライヴハウスだとアーティストはステージ袖から登場するけど、BLUE NOTE TOKYOの場合は楽屋を出てから、客席のあいだにある通路をとおってステージへ向かったりと、アーティストと近いから親密に感じるんです。それに、ライヴによっては終演後にアーティストがフロアをうろうろしていたり、サイン会を開催することもある。そういうときは一緒に写真を撮ってもらったり、話しかけて音楽の話をすればいいと思う。あとはジャズらしい即興の生演奏をきちんと聴けるように、それに特化したエンジニアリングをPAの方でやっているので、音の分離もよくて、個々の演奏がきちんと聴き取れるんですよ。音量だってダイナミック。だから僕にとって、BLUE NOTE TOKYOは普段と違う気分が味わえる場所であると同時に、ミュージシャンが意図する本当の音楽が聴ける場所でもありますね」
 


 

〈STANLEY CLARKE〉
日時/会場:2015年9月30日(水)~10月3日(土) BLUE NOTE TOKYO
開場/開演:
9月30日(水)~10月2日(金)
1stショウ17:30開場/19:00開演
2ndショウ20:45開場/21:30開演
10月3日(土)
1stショウ16:00開場/17:00開演
2ndショウ19:00開場/20:00開演
ミュージック・チャージ: 8,900円

http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/stanley-clarke/

 

〈ROBERTO FONSECA TRIO〉
日時/会場:2015年10月4日(日)~5日(月) BLUE NOTE TOKYO
開場/開演:
10月4日(日)
1stショウ16:00開場/17:00開演
2ndショウ19:00開場/20:00開演
10月5日(月)
1stショウ17:30開場/19:00開演
2ndショウ20:45開場/21:30開演
ミュージック・チャージ: 7,800円

http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/roberto-fonseca/

 

〈CHRISTIAN SCOTT ATUNDE ADJUAH〉
日時/会場:2015年10月7日(水)~9日(金) BLUE NOTE TOKYO
開場/開演:
1stショウ17:30開場/19:00開演
2ndショウ20:45開場/21:30開演
ミュージック・チャージ: 7,800円

http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/christian-scott/


〈MIHO HAZAMA "m_unit"
New Album "Time River" Release Live〉

日時/会場:2015年10月15日(木) BLUE NOTE TOKYO
開場/開演:
1stショウ17:30開場/19:00開演
2ndショウ20:45開場/21:30開演
ミュージック・チャージ: 6,800円

http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/miho-hazama/

 

〈KAMASI WASHINGTON〉
日時/会場:2015年10月30日(金)~11月1日(日) BLUE NOTE TOKYO
開場/開演:
10月30日(金)
1stショウ17:30開場/19:00開演
2ndショウ20:45開場/21:30開演
10月31日(土)~11月1日(日)
1stショウ16:00開場/17:00開演
2ndショウ19:00開場/20:00開演
ミュージック・チャージ: 7,800円

http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/kamasi-washington/

 

〈KENDRICK SCOTT ORACLE〉
日時/会場:2015年11月10日(火)~11日(水) BLUE NOTE TOKYO
開場/開演:
1stショウ17:30開場/19:00開演
2ndショウ20:45開場/21:30開演
ミュージック・チャージ: 7,800円 

www.bluenote.co.jp/jp/artists/kendrick-scott/