WATT a.k.a. ヨッテルブッテル、流麗なサンプリングによるトラックがメロディアスなラップと共に普遍性湛え心温まる2作目

2015.10.05

前作の発表後はDJ Deckstream作品への客演やトラック提供などでその名を広めた彼のセカンド・アルバム。流麗なサンプリングで織り成すトラックは、メロディアスなラップと共にさらなる普遍性を湛え、心温まるものに。ラヴソングの“ひとつ屋根の下”と、ユーモラスな味も付け加えた“甘い物でも食べたら少しがんばろう”が、いずれもドゥワップ調のコーラスがスウィートに極まった逸曲で、その他にも佳曲多し。

関連アーティスト
TOWER DOORS