ポスト・クラシカル界の奇才ニルス・フラーム率いるノンキーン、即興レコーディングを約10年かけて録り貯めたR&Sからの初作

2016.03.17

現代最高峰の音楽家ニルス・フラームとその幼馴染による新たなプロジェクトは、強引に例えるなら「イーノによるクリムゾン」であり、ポスト・プログレ…なんてろくでもない括りが浮かぶほど圧倒的な“なにか”である可能性に満ちている。更に傍若無人に言えばこれは「ボウイ、幻の次回作」である。『★』でみせたアブストラクトな音像の延長線上に座標は合致し、トム少佐が火星に帰還したので手前で歌う者が不在だが、書き残したといわれる楽曲郡がこのようなサウンドであったかもしれないなどと誇大妄想してしまうだけのある種の妙な説得力をもち、それらは歴史を突き動かしている“音”のようにもきこえる。

高野直生(タワーレコード渋谷店)
intoxicate 2016 February


[English Translation]
To put it in other words in a rough manner, this new project started by Nils Frahm―one of the world greatest musicians of our time―and his childhood friends, is “King Crimson by Brian Eno.” It’s filled with potential; something extraordinary that even makes me come up with a nonsensical genre―post-progressive rock. And I shall dare to say that this is “Bowie’s might-have-been next album.” The coordinate is on the line of the extension of the abstract sounds shown in “Blackstar(★).” Although there is no one to sing right now since Major Tom has returned to Mars, the numbers in “the gamble” are somehow so convincing that I can’t help but let my wild imagination run thinking that some of Bowie’s unreleased songs that he allegedly left for his fans might be like these, which strikes our ears as ‘the sounds’ that could influence history.
 

名コンピ・シリーズ〈Late Night Tales〉への参加も記憶に新しいポスト・クラシカル界の奇才、ニルス・フラームが今度は新たに幼馴染みの3人で編成されたユニットとして、なんとテクノの名門R&Sからデビュー作をリリース。その内容は即興のレコーディングを約10年かけて録り溜め、じっくりと時間をかけて完成させたというもの。先行トラック“Chasing God Through Palmyra”で心地良さが極まります。

 

関連アーティスト
TOWER DOORS