コトリンゴ 『雨の箱庭』 「この世界の片隅に」で名を広めた音楽家、3年ぶりソロ作は管弦楽器を従えたシンフォニックなポップ

2017.12.08

映画「この世界の片隅に」の音楽を手掛け、より広い地平にその名を知らしめたコトリンゴによる3年半ぶりのソロ作が到着です。今回は作/編曲からプロデュースまでをすべて自身で手掛けており、ストリングスやホーンを従えたふくよかなアンサンブルが舞うシンフォニックなポップ・ミュージックをほぼ全編に渡って展開。彼女の根幹にあるノーブルでチャーミングな魅力だけを抽出した、それゆえに代表作となり得る作品だ。

関連アーティスト
TOWER DOORS