インタビュー

Taiko Super Kicks × yumbo × mei ehara鼎談――〈事件〉があるから音楽ができる

(左から時計回りに)mei ehara、Taiko Super Kicks、yumbo

『Fragment』――〈断片〉というタイトルを掲げたセカンド・アルバムのリリースを発表したTaiko Super Kicks。伊藤暁里(ギター、ヴォーカル)のコメントによれば、それは「今の生きていく態度を表明する言葉」だという。その言葉は、誰もが共有できる〈ポップなもの〉がなくなったと言われて久しい音楽やカルチャーを取り巻く環境への感懐のようにも感じられる。けれども、ばらばらに散らばったように見える断片どうしがその深い核心の部分で共鳴し、ふいに繋がり合うこともあるはずだ。

Taiko Super Kicksは、1月20日(土)に東京・渋谷WWWで開催するイヴェント〈オープニング・ナイト〉の共演者にyumboとmei eharaを選んだ。昨年、辻村豪文(キセル)のプロデュースによる力強いポップ・アルバム『Sway』を上梓したmei ehara とTaiko Super Kicksとは、 彼女が〈may.e〉を名乗っていた頃から5年近い協力関係にある。一方、両者が深い共感を寄せる澁谷浩次を中心としたyumboは、宮城・仙台を拠点とした20年にわたる活動によってインディー・シーンにおいて広く支持を受けている。2枚組の大作『鬼火』(2016年)はいまも静かな衝撃を聴き手に与え続けている。

近いようでいて遠い、遠いようでいて近い3組が共演する〈オープニング・ナイト〉。イヴェントへ向けた前哨戦として、Taiko Super Kicksの伊藤とこばやしのぞみ(ドラムス)、yumboの澁谷(Skypeでの参加)、そしてmei eharaの4人による特別対談をおこなった。音楽と人生や生活との関係性、楽曲制作への向き合い方、あるいはライヴというものの捉え方など、多岐にわたるテーマでそれぞれの意見や思いが交わされた。そんな一夜の記録からは、表面的な共通性ではない、深奥の部分で3組が確かに共振し合っていることが確かに感じられるはずだ。


関連アーティスト