トピック

Taiko Super Kicksが新作『波』をサプライズ・リリース プロデュースは岡田拓郎

Taiko Super Kicksが新作『波』をサプライズ・リリース プロデュースは岡田拓郎

Taiko Super Kicksが本日6月8日0:00、ニュー・アルバム『波』をサプライズ・リリースした。

2018年のアルバム『Fragment』以来、3年ぶりのアルバムになる『波』。ミックス/プロデュースに岡田拓郎、レコーディング・エンジニアに澁谷亮(Klan Aileen)と、バンド・メンバーと同世代の気鋭ミュージシャンたちが参加している。マスタリングは米ルイビルのエンジニア、ケヴィン・ラターマン(Kevin Ratterman)が行った。

『波』は、それぞれに相反するジャンルや質感が同居する中で緻密に練り上げられた曲に、伊藤暁里(ヴォーカル/ギター)による〈個人的な体験〉によって紡がれた詩が乗り、バンドの音楽と豊かな詩情が見事に融合した〈過去最高深度〉と言える作品になっている。

『波』のリリースは、Taiko Super Kicksと親交があった先輩バンドのシャムキャッツが設立したTETRA RECORDSから。

アートワークは、グラフィック・デザイナー/アート・ディレクターの加瀬透が手がけた。また、写真家・植本一子によるバンドの新しいアーティスト写真も公開に。

伊藤暁里と藤村頼正(TETRA RECORDS)からのコメントは以下のとおり。

意識の流れ、気分、身の回りのこと、社会や時代。色々なものの中に波はあり、形を変えながら、満ちたり引いたりしている。波は私たちを翻弄し、私たちはいつも波に悩まされる。捉えようとすれば波は逃げ、避けようとすれば追いかけてくる。しかし、そうであるからこそ、波は日々に新鮮味をもたらす。まだ出会ったことのないものたちを、一層光らせながら、私たちのもとへ運んでくれる。それどころか波は、もう知っているはずのものにもあたらしい光り方があることを、私たちに教えてくれる。あらゆるものは、何回でも、いつでもあたらしいのだと、教えてくれる。

伊藤暁里(Taiko Super Kicks)

 

昨年の緊急事態宣言中にバンドと話し初めてから一年以上。
社会・バンド・個々人を揺さぶる大きな荒波に翻弄されながらも岡田くんや澁谷くんも含め何度も話し合いを重ねて緻密に制作されて完成した本作は全てのものには引力があるという事を穏やかに、そして時には強く語りかけるような作品となっています。
この26分間が描く壮大な物語を体験して頂けたら幸いです。

藤村頼正(TETRA RECORDS)

『波』は各種音楽ストリーミング/サブスクリプション・サービスで配信されているほか、TETRA RECORDSのBandcampでも販売されている。『波』の配信リンクはこちら

 


RELEASE INFORAMTION

Taiko Super Kicks 『波』 TETRA(2021)

リリース日:2021年6月8日
フォーマット:デジタル
配信リンク:https://friendship.lnk.to/Nami

TRACKLIST
1. 椅子の椅子
2. リフト
3. えんえい
4. コーンクリーム
5. 合間
6. 火遊び
7. 青梅
8. たましい
9. ラッキーG

 


PROFILE: Taiko Super Kicks

伊藤暁里(ヴォーカル/ギター)
樺山太地(ギター)
大堀晃生(ベース)
こばやしのぞみ(ドラムス)

2014年8月、ミニ・アルバム『霊感』をリリース。
2015年12月23日、アルバム『Many Shapes』をリリース。
2018年2月7日、アルバム『Fragment』をリリース。
2018年11月17日、7インチ・シングル『感性の網目/bones』をリリース。
2020年11月27日、カセット・テープ作品『ありあけ』をリリース。
2021年6月8日、アルバム『波』を配信限定でリリース。

90年代のオルタナティヴ・ロックをルーツのひとつとしているが、定住を好まず、意欲的に音楽性の進化・発展を志向する。メンバー4人の独特で有機的なアンサンブルは、忘れられかけたバンド本来の奥行きをそれ自体で体現している。

They are originally influenced by 90’s alternative rock, but they don’t settle in one place. Their unique and organic ensemble embodies the half-forgotten depth of being a band by itself. 

タグ
TOWER DOORS