INTERVIEW

ANARCHY 『NEW YANKEE』 Part.1

日本の皆さん、準備はOK? 野望多きヒップホップ・ヤンキーが、ブランニューなスタイルを携えてメジャーに殴り込み! 喜びも痛みも快感も刻んだ弾丸をブッ放す!

ANARCHY 『NEW YANKEE』 Part.1

外にブッ放すけど自分もブッ飛ぶ

 R-RATEDからのCDデビュー以来、人気/セールス面はもちろん、各種メディアの年間ベストを賑わせるなど名実共に日本語ラップ・シーンの顔となったANARCHY。「アクション起こすのが好きで、R-RATEDの10年でもずっとアクションを起こしてきたつもり。みんなと同じこともしたくない」——みずからそう語る動きの一端は、US最大手のミックステープ配信サイト〈DatPiff〉を通じた、人気アーティストとして日本では類を見ないフリー・ダウンロード・アルバム『DGKA(DIRTY GHETTO KING ANARCHY)』(2013年)の発表という形でも記憶に新しい。その彼が、初リリースから約10年越しでついにメジャー・デビューという新たなアクションに打って出た。メジャー進出はこれまで考えもしなかったというが、新たなスタイルと合わせた斬新な動きに続く一歩として、いまのタイミングはベストなのかもしれない。新レーベルのCLOUD 9 CLiQUEから発表されるニュー・アルバム『NEW YANKEE』では、「昔より伝えたいことが増えた」という彼の〈いま〉が表現されている。タイトルの〈YANKEE〉は、俗に言う不良の〈ヤンキー〉のことだ。

ANARCHY NEW YANKEE CLOUD 9 CLiQUE(2014)

  「ジャケットは外にブッ放してるけど、自分もブッ飛ぶっていうイメージ。(ヤンキーは)自分の根っこにあるものでもあると思ったし、そういう精神をフツフツとさせてる若い子もいっぱいいるし、先輩の人たちでも枠の中に収まっちゃってる人たちが日本にはいっぱいいるから、そういう何かを壊せたらなっていうメッセージをアルバムとかジャケットに込めました」。

 みずからの生い立ち込みでハングリーさを強く滲ませた従来のハードコアなラッパー像に、遊びの要素を大きく採り込んだ『DGKA』は、彼の新たな面を引き出す作品だった。今回の『NEW YANKEE』は言うまでもなくそれに続くものとしてある。〈楽しまなきゃ意味ない/楽しめなきゃ意味ない〉と歌う“The Theme”に始まり、ダブステップ的なアレンジを含む“Energy Drink”(『DGKA』からの再収録)や、HABANERO POSSEが制作したムーンバートンのりのアッパーなサマー・チューン“Shake Dat Ass”(AISHAがラップで参加)が並ぶアルバム序盤は、以前の彼には考えられなかったものだろう。

「ノリだけの曲は苦手やったんですけど、『DGKA』でいままでの俺を壊せた。ヒップホップってそういう楽しみ方とかカッコ良さが含まれてると思うんで、その部分もラッパーとして表現したかった」。

【参考動画】ANARCHYの2013年のミックステープ『DGKA(DIRTY GHETTO KING ANARCHY)』収録曲“Loyalty”

 

すべての人が何かを感じる曲

 本作では客演勢との絡みも彼の新たな側面を引き出すポイントだ。VERBALとの初共演が実現した“VVVIP”や、「サビだけ聴いたらコンビニで流れてそうな、俺の曲じゃないみたいな感覚」と笑って話すAISHAとのもうひとつの共演曲“Love Song”もさることながら、昼間の太陽の優しい陽射しが差すようなJESSEとの“Good Day”は、アルバムの表情が増す一曲。いつになく肩の力が抜けた歌寄りのスタイルが、穏やかに本作の最後を飾る。

「フィーチャリング曲は〈1+1=3〉になるようなものができればなと思って作ってる。(“Good Day”では)JESSEには俺のメロディーラインに合わせて目の前でギターを弾いてもらってヴォーカルを録って、いままでなかった曲を作れました」。

 一方、同じ客演曲でも、『DGKA』に続きKOHHと再共演した“Moon Child”は、本人いわく「一曲は絶対に入れたかったゲットー・ソング」だという自身の過去を踏まえたナンバー。片親のもとで育った2人の生い立ちが滲むエモーショナルな内容は、仲間と共にここにいるという思いをストレートにしたためた“Right Here”と共に、変わらぬ彼を映している。

「『DGKA』では超テキトーにいまのヴァイブスでKOHH君と曲を作ったんですけど、その時からこのアルバムではマジな俺らのルーツとか伝えたいことでゲットーに光が差すような曲を作ろうって話してました。“Right Here”は1年前でも2年前でも同じ曲を歌えたなと思うし、それがいちばんストレートな、変わりない僕の音楽かなっていう気持ち。メジャーで出すからってメジャーっぽい10曲だけが並んでても俺じゃないなと思うし、どっから出そうと俺のカラーがあるから」。

 さらに、“Moon Child”にふと〈核兵器/戦争/反対〉という一行を潜ませる視点は、BACHLOGIC制作の“Spiral”全体でいまの日本へと向かうことに。〈この国が何処に向かってるのか聞きたい〉と問いかける。

「時事ネタはいままであんまなかったけど、この歳になって歌えることも増えたと思うし、興味も昔よりあるんですよ、自分が住んでる国ってどんな国なんかなとか、どうなっていくのかなとか。ラッパーだから興味の出てきたことはラップしたくなるし、ラップってそれだけの力もあると思うから」。

 それらを含めさまざまな要素をかつてないバランスで盛り込んだとANARCHYが自負するこの『NEW YANKEE』。「いままでは自分がカッコイイって思ったら他は何も気にしなかったけど、今回はそうじゃない」とのひと言からも、彼の思いはあきらかだ。地元・京都のフッドスターからさらなる大きなステージへ——ANARCHYの話は続く。

「みんながどう感じてくれるかも気になったし、俺らみたいな団地育ちのゲットー・ボーイだけじゃなくて、すべての人が何か感じたり、思うような曲を作りたかった。それがホントのいい音楽かなと思うし、メジャーでやることってそういうことなのかなって。ずっとアングラでいいと思ってるラッパーはいないと思うし、武道館やドームでもっとデッカくやりたいはずじゃないですか。じゃあ、言い訳しいひんとそこをめざすだけですね、僕は」。

 

▼『NEW YANKEE』参加アーティストの関連作品を一部紹介

左から、HABANERO POSSEが参加した2013年のコンピ『PARK COMPILATION 01』(PARK)、AISHAの2012年作『I, Shout!!!』(ARIOLA JAPAN)、JESSEが属するThe BONEZの2014年作『Astronaut』(TENSAIBAKA)
※ジャケットをクリックするとTOWER RECORDS ONLINEにジャンプ

 

▼ANARCHYが参加した作品の一部

左から、DJ PMXの2012年作『THE ORIGINAL II』(BAY BLUES/HOOD SOUND/plusGROUND)、DJ RYOWの2012年作『LIFE GOES ON』、AK-69の2013年作『The Independent King』(共にMS)、BCDMGの2013年作『Ordinary Life』(VYBE)
※ジャケットをクリックするとTOWER RECORDS ONLINEにジャンプ

 

40周年 プレイリスト
pagetop