コラム

ローンとローンとローンについて――LONE 『Reality Teasting』 Part.2

ローンとローンとローンについて――LONE 『Reality Teasting』 Part.2

 R&Sに移籍後の評判はすっかりこっちローンLONE)が優勢のようだが、ローンといえばあのローンのことも忘れるわけにはいかないだろう。オメガ・クラッシュでの活動を経てブレインフィーダーとソロ契約を結んだ、USのローン(LORN)のことである。フライング・ロータスが設立したレーベルの第1弾アルバムという期待もあり、不穏でダークな音響派ダブステップにまみれた初作『Nothing Else』は大きな話題となったものだった。

 【参考動画】LORNの2010年作『Nothing Else』収録曲 “Tomorrow”

 

 この頃には〈どのローン?〉という声もかまびすしかったように記憶している。そのエクスペリメンタルな野心はニンジャ・チューン移籍作『Ask The Dust』でも変わらなかったが、前後してローンの発表したローン(LONE)の『Galaxy Garden』が爆発的な高評価を得たこともあって、次第に〈ローンといえばローンでしょ!〉という状況は顕在化していった……。

 【参考動画】LONEの2012年作『Galaxy Garden』アルバム・トレイラ―

 

 そんななか、フランスからローン(RONE)が名乗りを上げたのは昨年。実は2009年にひっそり『Spanish Breakfast』(廃盤)を残していたローンの新作『Tohu Bonus』が登場したのだ。こちらは精緻なIDM系のアンビエント作品で、また違った美しさがあって……。このローン争いに決着がつくのかは不明だが、ともかく発音が大事なのは確かだ。

 【参考動画】RONEの2013年作『TOFU BONUS』収録曲 “Let's Go (Wild edit)”

 

 

▼LORNとRONEの作品

左から、ローン(LORN)の2010年作『Nothing Else』(Brainfeeder)、2012年作『Ask The Dust』(Ninja Tune)、ローン(RONE)の2013年作『Tohu Bonus』(Infine)
※ジャケットをクリックするとTOWER RECORDS ONLINEにジャンプ

関連アーティスト
TOWER DOORS