2019.03.18

難病を乗り越えて5年ぶりに復帰。病床で綴られた表題曲をはじめ、これまでになくエモーショナルでドラマティックなヴォーカルに驚かされる。が、メソメソする代わりに喜怒哀楽をぶつけまくるのがアヴリル流。美スロウを中心に据えつつ、懐メロ風のロッカバラードやチア部が喜びそうな“Dumb Blonde”などのポップソングも搭載している。ロック・モード全開の時とはまた違った、渾身の心の叫びが胸に迫る一枚だ。

関連アーティスト
40周年 プレイリスト
pagetop