COLUMN

〈Mikiki Pit〉開催記念、ステレオガールを作った10曲をプレイリストでチェック!

〈Mikiki Pit〉開催記念、ステレオガールを作った10曲をプレイリストでチェック!

Mikikiがいま、このタイミングで観てほしい出演陣を揃えたショウケース企画〈Mikiki Pit〉。次回は4月24日(水)に東京・下北沢BASEMENTBARで、Luby Sparks、KONCOS、WOOMAN、ステレオガールの4組を迎えて行います。

こちらの記事では〈自身の音楽性を形成した楽曲〉というテーマのもと、出演者みずからが選曲した10曲をご紹介。今回はステレオガールに登場していただきました。東京のインディー・シーンでもっとも注目を集めていると言っても過言ではない男女5人組がチョイスしたのは、60年代から2000年代までポップ・ミュージックの歴史に刻まれし名曲の数々。ピックアップされた国内の2バンドは少し意外なチョイスで、そちらも注目です。ステレオガールのアンセミックなメロディー・センスと、2本のギターを活かしたクールなアンサンブルのルーツを知ることができる10曲。先日公開したWOOMAN編と合わせて、お楽しみください。 *Mikiki編集部

 

〈Mikiki Pit Vol. 8〉
ステレオガールを作った10曲

※曲名の後の*は選曲したメンバー名

The Strokes “Is This It” 
はじめて好きになったバンドのはじめて聴いた曲です。安寿(ヴォーカル)

Television “Prove It” 
いちばん好きなジャケ。安寿

The Jesus and Mary Chain “Happy When It Rains” 
超好き。安寿

Pavement “Fillmore Jive” 
94年にフランクフルトでプレイしてる映像があるんですけど、あんなライヴができたら最高だなと思っています。安寿

The Stone Roses “Begging You” 
この、オラ踊れ!という感じ。ファーストもセカンドも大好きです。chamimcot(ギター)

ハイスイノナサ “logos” 
音楽好きかも、楽しいな、かっこいいな、と思える曲。1曲リピートで3~4時間聴くこともあります。奏子(ギター)

The Velvet Unferground “Heroin” 
いまのところ人生でいちばん衝撃を受けた曲です。安寿

bloodthirsty butchers “banging the drum” 
射守矢さんのプレイ・スタイルにはかなり影響を受けています。ベースでドカンとコードを弾くところなど特に……。理玖(ベース)

The Smiths “There Is A Light That Never Goes Out” 
ブワァ〜泣く。モリッシーの詩には影響を受けた自覚があります、勿論マーのギターもです。chamimcot

Joy Division “Atmosphere” 
満を持しての大トリでこれPVも最高。頭巾のやつになってイアンのクソデカいポスター運びてえ〜嘘ですけど。chamimcot

 

ステレオガールが出演する〈Mikiki Pit Vol. 8〉のご予約はメールTwitterでのリプライとDM、LINE@Messengerまで。お名前、人数、学割希望の方はその旨を明記のうえ、ご連絡ください。みなさまのご予約を待ちしております。

 


Designed by Yosuke "YYOKKE" Tsuchida(WOOMAN)
 

Live Information
〈Mikiki Pit Vol. 8〉

2019年4月24日(水) 東京・下北沢BASEMENTBAR
出演:Luby Sparks/KONCOS/WOOMAN/ステレオガール
開場/開演:19:00/19:30
終演:22:10(予定)
料金:前売り 2,000円/当日 2,300円(いずれも入場時に+1ドリンク要)

>>チケットのご予約は
Twitter(リプライ、DM):https://twitter.com/mikiki_tokyo_jp
Facebook Messenger:m.me/mikiki.tokyo.jp
メール:mikiki@tower.co.jp もしくは ticket3@toos.co.jp まで
LINE@:
友だち追加

※各出演者でもご予約を承っております

 

関連アーティスト
40周年 プレイリスト
pagetop