2014.08.25

野放図に自由な絵を描いてみたような、メジャー・デビュー・アルバム。同時期に出たKOHHのアルバムと人脈的には近いようであるが、パーティー・チューンとの思わぬ相性もあって、参加者の顔ぶれから受ける印象そのままにならないハンドリングの巧みさがニュー・ヤンキー。ノー・マイルド。

 

マイルドじゃなくNEWなメジャー・デビュー作。昨年の話題作『DGKA』所収の“Gangstar”で使われた造語を表題に掲げている通り、そこからの連続性も窺わせつつ、胸のすく擬音語を多用したリリックの野放図さは冒頭の“The Theme”からNEWな悪ノリの楽しさを謳歌しまくる。HABANERO POSSE製のムーンバートン“Shake Dat Ass”、ジャングル・ブラザーズのアレも連想させるバウンシーな“VVVIP”(VERBALの弾け具合も凄い)といったパーティー・チューンの連打は、まさにモード変わればお構いなしといった感じで最高! 反面、KOHHと再合体した“Moon Child”のズルムケな切実さはより直截的に胸に迫るし、AISHAを迎えた文字通りの“Love Song”もNEWな試みとして奏功している。野心作!

[English Translation]
Effectively adopted the impact title (YANKEE is a homonym for a Japanese slang 'yanki' which refers to a type of delinquent youth) from the track "Gangster" in his last year's sensational free download album "DGKA" the phenomenal hip hop master ANARCHY finally made his major debut. The sequel carries the equal intensity yet filled with the NEW flare blasting the joy of endless turbulence. As demonstrated in the opening "The Theme" with lots of striking onomatopoeia lyrics, the album proudly exhibits terrifically entertaining prismatic party tunes one after another like HABANERO POSSE-produced moombathon "Shake Dat Ass" or Jungle Brothers equivalent bouncy "VVVIP" featuring hilariously playful VERBAL. Meanwhile reunited with KOHH literally thoroughly-peeled/exposed emotional track "Moon Child" directly reaches your heart and featuring AISHA real "Love Song" works great as a refreshing NEW experiment. An ambitious piece of work!

関連アーティスト
TOWER DOORS