COLUMN

UNISON SQUARE GARDEN 『UNISON SQUARE GARDEN 15th Anniversary Live「プログラム15th」at Osaka Maishima 2019.07.27』15周年イヤーを締めくくる映像作品が登場!

UNISON SQUARE GARDEN 『UNISON SQUARE GARDEN 15th Anniversary Live「プログラム15th」at Osaka Maishima 2019.07.27』15周年イヤーを締めくくる映像作品が登場!

15周年イヤーを締めくくる映像作品が登場! 2019年7月27日に大阪・舞洲スポーツアイランド 太陽の広場 特設会場で開催された結成15周年記念ライブの模様を収録した映像作品だ。

UNISON SQUARE GARDEN UNISON SQUARE GARDEN 15th Anniversary Live『プログラム15th』at Osaka Maishima 2019.07.27 Toy's Factory(2019)

2019年、UNISON SQUARE GARDENは結成15周年を迎えた。B面集ベスト・アルバム『Bee side Sea side ~B-side Collection Album~』、トリビュート・アルバム『Thank you, ROCK BANDS! ~UNISON SQUARE GARDEN 15th Anniversary Tribute Album~』がリリースされるなど、アニバーサリー・イヤーを祝う活動を続けてきた彼ら。本作『UNISON SQUARE GARDEN 15th Anniversary Live「プログラム15th」at Osaka Maishima 2019.07.27』は、2019年7月27日に大阪・舞洲スポーツアイランド 太陽の広場 特設会場で開催された結成15周年記念ライブ「プログラム15th」のすべてを収録した映像作品だ。

台風の影響による雨も上がり、「プログラム15th」と記されたフラッグが掲げられたステージに登場した斎藤宏介(ヴォーカル、ギター)、田淵智也(ベース)、鈴木貴雄(ドラムス)。2万5000人のオーディエンスの前で3人は、15年の活動のなかで築き上げた楽曲、ステージング、オーディエンスとの強い絆をダイレクトに体現してみせた。まずはセットリスト。メジャー・デビュー曲“センチメンタルピリオド”、このバンドの名前を広く知らしめた“リニアブルーを聴きながら”、ヒット・チューン“シュガーソングとビターステップ”、ライブアンセムとして強く支持されている“天国と地獄”、“徹頭徹尾夜な夜なドライブ”からインディーズ時代によく演奏していたという“水と雨について”まで、これまでの軌跡を追体験できる楽曲が収録されている。

特に印象的なのは、“プログラムcontinued(15th style)”。結成10周年で発表された“プログラムcontinued”の歌詞を15周年用に書き換えた楽曲だ。〈今日くらいは祝ってくれよ!〉というフレーズに反応するように、オーディエンス側から〈15周年おめでとう!〉と叫ぶシーンは本作の大きな見どころの一つだ。

メンバーのプレイを至近距離で〈目撃〉できるのも本作のポイントだろう。たとえば“オトノバ中間試験”。鈴木の豪快なドラム・ソロ、スラップ奏法を交えた田淵のプレイ、斎藤の切れ味鋭いギター・リフが絡み合い、彼らにしか体現できないバンド・グルーヴにつながる流れは驚くほどにスリリング。汗だくのメンバーが視線を交わし、呼吸を合わせるシーンも多く、3人のアンサンブルを生々しく体感できるのだ。高濃度のポップネスとロック・バンドとしてのダイナミズムを併せ持ったUNISON SQUARE GARDENの音楽は、斎藤、田淵、鈴木のプレイヤビリティがなければ実現しなかった――そんな当たり前の事実をぜひ再確認してほしい。

ふだんのライブのMCでは多くを語らない彼らだが、このライブではバンドや音楽に対する思いをしっかり話している。斎藤は「UNISON SQUARE GARDENのことを好きな人のことをできるだけ大切にしたい。その方法を僕は知っています。それは、これからも自分のために音楽を続けること。そうすればきっと〈いいバンドだな〉と思い続けてくれるんじゃないかなと思ってます」と語り、鈴木は「今日のライブ、カッコいいわ。手ごたえしかない」「俺ら、こう見えてもマジメで。マジメで才能あって、一生懸命やってたら、敵ない。それを今日のライブで証明できてる」とコメント。さらに田淵が「UNISON SQUARE GARDENちゅうのは、すげえバンドだな! 今日はよく来た!」と観客に感謝の気持ちを伝えた。音楽を介した純粋なコミュニケーションを掲げている彼らが〈言葉〉で思いを表現したこの場面も、15周年だからこそ実現した貴重なシーンと言えるだろう。

全26曲を演奏し終わると、15発の花火が打ち上がり、大型ヴィジョンには〈Thank You 15th Anniversary! See You Next Live!〉の文字が映し出される。15周年に際してメンバーは「お祝いされるぞ!という気持ちでいっぱい」と語っていたが、この作品はもちろんゴールではなく、彼らはいまも〈次のライブ〉に向けて楽曲を作り、アンサンブルを磨き続けているのだ。記念碑であり、通過点でもある本作をじっくり楽しんだ後は、ぜひ、次のUNISON SQUARE GARDENのライブに足を運んでほしいと思う。

また本作の初回限定盤には、インディーズ時代の楽曲“水と雨について”から最新シングル“Phantom Joke”までのミュージック・ビデオを収録。全MVを時系列で追うことでUNISON SQUARE GARDENの進化と変化を実感してもらえるはずだ。

関連アーティスト
40周年 プレイリスト
pagetop