2020.01.29

ショーケンに捧ぐ飄々としたインスト・カヴァー“傷だらけの天使”や増税/戦争反対といったモチーフをコミカルな話題と共に歌う“万事休す”など、ユーモアとシリアスさをテンポよく配しながら、2020年の始まりに大切なことを思い出させてくれる曲が並ぶ20作目。ボコーダー&エレキ・シタールの効いた“ニドヌリ”があったりと遊び心も十分だが、ダーティーな質感のバンド・サウンドが軸になっているのは時代の空気ゆえか。

関連アーティスト
TOWER DOORS
pagetop