インタビュー

大友直人、琉球交響楽団15年ぶりの新譜と初東京公演を控えた指揮者が見つめるクラシックの20年先

Exotic Grammar Vol.67-2

*2020年5月12日追記
〈琉球交響楽団《はじめての東京公演》〉開催再延期のおしらせ

2020年6月12日(金)に東京・赤坂サントリーホールで開催を予定されておりました〈琉球交響楽団創立20周年記念コンサート(琉球交響楽団《はじめての東京公演》)〉は、5月4日に政府より発令された緊急事態宣言延長および東京都より示された外出自粛要請を受けて、お客様・出演者の安全を考慮し、2021年6月21日(月)に再延期となりました。詳細は下記オフィシャルサイトをご確認ください。

https://avex.jp/classics/news/detail.php?cd=TUJII&id=1083353
https://avex.jp/classics/ryukyu2020/


 

*2020年3月25日追記
〈琉球交響楽団《はじめての東京公演》〉開催延期のおしらせ

2020年4月6日(月)に東京・赤坂サントリーホールで開催を予定されておりました〈琉球交響楽団創立20周年記念コンサート(琉球交響楽団《はじめての東京公演》)〉は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、2020年6月12日(金)に公演延期となりました。詳細は下記オフィシャルサイトをご確認ください。

https://avex.jp/classics/news/detail.php?cd=TUJII&id=1082417
https://avex.jp/classics/ryukyu2020/


 

〈琉球交響楽団〉15年ぶりの新譜と初の東京公演に燃える指揮者、大友直人~著書『クラシックへの挑戦状』でも怪気炎!?

 端正な風貌、オーケストラから美しい響きを引き出す名手の大友直人もいつの間にか還暦(60歳)を超え、ベテラン指揮者の域に達した。NHK交響楽団指揮研究員の若き日から親交があった当時のN響トランペット奏者で沖縄県出身、後に沖縄県立芸術大学教授を務めた故・祖堅方正氏の要請で沖縄に誘われた。2001年に発足した同県初のプロ・オーケストラ、琉球交響楽団の音楽監督(最初はミュージック・アドバイザー)を一貫して務め、今年(2020年)3月に15年ぶりの新譜『沖縄交響歳時記』(リスペクトレコード)をリリースするのに続き、4月6日にはサントリーホールでピアノの辻井伸行をゲストに迎え、楽団初の東京公演にも臨む。大友個人としては初の著書「クラシックへの挑戦状」(中央公論新社)を出し、長年の現場体験に基づく率直な発言の数々を披露した、まさに〈時の人〉。思いの丈を存分に語ってもらった。

TOWER DOORS
pagetop