PR
インタビュー

EASTOKLAB、「もっとゾクゾクしたい」ロック・バンドの挑戦とブレないコア

新作『Fake Planets』を日置逸人が語る

EASTOKLAB、「もっとゾクゾクしたい」ロック・バンドの挑戦とブレないコア

2019年にDAIZAWA RECORDSから鮮烈なデビューを飾った名古屋の新鋭ロック・バンド、EASTOKLAB(イーストオーケーラボ)が帰ってきた。

ライブ・バンドの演奏と電子音とを溶け合わせ、しかしプログラミングには一切頼らずに緻密さと構築美を追求したデビュー作『EASTOKLAB』。前作から一転、新作『Fake Planets』はダイナミックでワイルドかつ躍動的な作品になっている。開放的な景色を描く“Contrail”、激しいビートとギターが絡まり合う“Rainbow”、バックビートを強調した“Stud”。それを経たアルバムの後半では、音楽的な野心をむき出しにした挑戦的な楽曲が続いていく。

「カチッと固めたものを壊していくことから始まったんです」。フロントマンの日置逸人は、そう語る。その言葉どおり、バンドは一曲ごとに新たな姿を見せていくが、しかし日置は〈コア〉や〈芯〉といった言葉を繰り返し口にする。ブレない芯と、生々しい変化の瞬間。それらを伝える充実の『Fake Planets』について話を訊いた。

なお本作はデジタル・リリースのみの作品だが、タワーレコード名古屋パルコ店などの一部店舗やライブ会場限定で、クリア・ケース仕様のフィジカル盤が販売されている。モノとしての『Fake Planets』を手に入れたい方は、そちらをぜひチェックしてほしい(詳しくはこちら)。

関連アーティスト
TOWER DOORS
pagetop