EASTOKLAB日置逸人の極私的金字塔

Hayato Hioki『Swallowing Smoke』環境音のサンプリングで作り上げた、ピュアでパーソナルな初ソロ作について

Hayato Hioki『Swallowing Smoke』環境音のサンプリングで作り上げた、ピュアでパーソナルな初ソロ作について

2021年4月21日、わたくし〈Hayato Hioki〉史上初のソロ作『Swallowing Smoke』(全10曲収録/インストアルバム)がリリースされた。

というわけで今回は職権乱用しちゃおう思い立ち、このブログのルールである好きなアルバムについて書くという約束を一旦置いておいて、僕の初ソロ作品についての話を。

2021年の年始、膨大な時間を持て余していた僕は、何かしないとマズイぞ、、、という焦燥感に駆られ、サンプリングでもやってみよう!的なノリでボイスレコーダー片手に街をふらつき始めた。

最初に行ったのは近所の初売りで、そこで不審な挙動をしながらざわつく街の音を録音、確認、録音と何度も繰り返し、ニヤニヤと作業を遂行。家に帰って録音データをサンプリングして遊び、せっかくだし他の音も入れたろかい!との思いでレコーダーやネットの海からマテリアルを探し、気づけば完成。

それが楽しくてその日から異様に没頭していき、午前中は近所を歩いて録音、昼過ぎからサンプリングして音を重ねるという毎日が始まった。1日1曲を日記みたいに作った感じ。

家族連れで賑わう公園やカップルのデートコースとなっている緑道などに座り込み、謎の機器を並べてフィールドレコーディングを試みるなど、近隣の方が見たらかなり怪しげなプレーも行ったので、近所で噂されたりしていたかもしれない。

今思えば色々どうかしていたと思うけれど、マジで録らないといけないという謎の使命感に突き動かされており、恥ずかしげもなく血眼で毎日何かしら録っていた気がする。

そんなこんなでやっているうちに数曲が完成し、M-1“Flash”という曲がとても気に入っていたので誰かに聴いて欲しいなぁという気持ちがそこでやっと芽生え、結果バンドと同じく DAIZAWA RECORDS/UK.PROJECT からリリースしてもらえることになった。やった〜。

基本的にバンドで音楽を作ることが多いうえに、やっぱりバンドで音楽を作るのが好だけれど、初めてソロをやってみて新しい音楽の面白さを知れた。完成まで誰の意見を聞くこともなく、ただ1人で黙々と作り続けていたので、本当にピュアでパーソナルな作品になったし、当然ながら自分らしい作品になった。

製作している時は特に何も考えてないけれど、結果的にはクラシカルなピアノ・シンセを中心に据えて、ビートメイクは現代っぽくミニマルに、声や環境音はバランスとアンバランスの絶妙なラインをつく感じで作っていたんだと思う。

どれも今思えば、という感じではあるけれど、静かぁ〜で何も起きないようなフランス映画とかを大学の頃にカッコつけて見漁っていたので、その影響とかがでてるのかもしれないし、その感じをほんのりイメージしていたような気がする。

煙に包み込まれるような、淡く霧がかかったような、無味で透明な雰囲気というか。そういうインスピレーションから『Swallowing Smoke』というアルバムは生まれたのかなと。

もともとは昨年末あたりに国内外のエレクトロ・アンビエントを聴き漁っていて、何となくこういうのやってみたいかも!と思ったことがソロを始めるキッカケだった。とはいえ、今年中に何か作れたらいいなぁって程度の気持ちだったから、既にリリースまで辿り着けたことに自分でも結構ビビっている。

完成したのは2月末だったから、それから約2か月を経てのリリース。改めて聴いてみると、何だかずーっと昔に作ったような気持ちになる。これを作っていた1ヶ月半くらいは日常から切り取られてしまっていて、ただ無心で作り続けていたのでかなり記憶が薄い。

また気が向いたら作りたいなぁと思いつつ、それは来月かもしれないし、もうずっと先かもしれないけれど、このアルバムを作ったことは自分にとってとても大きな糧になった。

何より、聴いてくれた方の生活のなかで小さく鳴り続けてくれたらそれが一番なので、末長く聴いてもらえたらとても嬉しいです。

そしてこのアルバムをリリースしてくださった DAIZAWA RECORDS/UK.PROJECT、結構褒めてくれたメンバー、及び全写真を担当してくれたオカくん、仲良くしてくれているマイメン達、このアルバムを聴いてくれている方々に心から感謝します。ありがとう!!

 


RELEASE INFORMATION

リリース日:2021年4月21日
品番:UKDZ-0216
配信リンク:https://hayatohioki.lnk.to/S_Smoke

TRACKLIST
1. Flash
2. I Think
3. Look Back 
4. Frozen in Time
5. Pass
6. Throng
7. Fly Away
8. Glitter
9. Distant Memories
10.Make a Circle

 

『Swallowing Smoke』のダウンロード・コード付きカセット・テープは、EASTOKLABのオフィシャル・ストアの他、Tobira RecordsSTIFF SLACKFILE-UNDER RECORDSにて数量限定で販売中。
https://eastoklabjp.thebase.in/items/43262540

 

Digital Mini Album『Fake Planets』
品番:UKDZ-0209
価格:1,681円(税込)

TRACKLIST
1. Contrail
2. Rainbow
3. Stud
4. Hug
5. Farewell
6. Living
7. Ten
8. Dive

 

 

LIVE INFORMATION
初夏凜々
2021年5月1日(土)愛知・名古屋 CLUB UPSET
GROWLY 9th Anniversary “翡”
2021年5月4日(火)京都 GROWLY
https://eastoklab.com/live/

【プロフィール】
日置 逸人

日置 逸人 (ひおき はやと)

EASTOKLABのヴォーカル/シンセサイザー/ギターを担当。バンドの他に、WD SOUND WORKSでレコーディング・エンジニアとしても活動する。2019年6月5日、DAIZAWA RECORDS/UK.PROJECTよりミニ・アルバム『EASTOKLAB』をリリース。2020年6月3日(水)、デジタル・ミニ・アルバム『Fake Planets』をリリース。

関連アーティスト
TOWER DOORS