トピック

EASTOKLABのHayato Hiokiがインスト作『Swallowing Smoke』を発表 生活に寄り添うエレクトロ/アンビエント

EASTOKLABのHayato Hiokiがインスト作『Swallowing Smoke』を発表 生活に寄り添うエレクトロ/アンビエント

Hayato Hiokiが2021年4月21日、アルバム『Swallowing Smoke』をリリースした。

愛知・名古屋を拠点に活動するバンド、EASTOKLAB。バンドのフロントマンであり、ヴォーカル/シンセサイザー/ギターを担当するHayato Hioki(日置逸人)が、初のソロ・アルバム『Swallowing Smoke』を配信でリリースした。

『Swallowing Smoke』は、エレクトロ/アンビエントにフォーカスしたインスト・アルバム。Hiokiが綺麗だと感じるものを、みずからのフィルターだけを通して作り上げる純度の高さを求めた作品だといい、レコーディング/ミキシングもすべて彼が一人で行っている。また、フィールド・レコーディングなどを取り入れることで、生活に寄り添った空間の音がベースになっており、日常のなかに自然とフィットするような質感の心地よさと透明感が際立っている。

アルバム・タイトルの〈Swallowing Smoke〉は、音を立ち上げたりサンプリングしたりする際に、煙が上がって何かを飲み込んでいくイメージが浮かび、それに導かれるように作品を作り上げたことから付けられたという。

アーティスト写真とジャケット写真は、EASTOKLABのベーシストであるDaiki Okaが撮影とアート・ディレクションを担当した。

Hayato Hiokiからのコメントは次のとおり。

2021年になってすぐにこのアルバムの製作に取り掛かりました。初めは今年中にいくつか形にできたらいいなと軽い気持ちで考えていたのですが、作り始めてすぐに没頭してしまい1ヶ月が過ぎる頃には楽曲のほとんどが完成していました。煙が立ち込めて全てを飲み込んでいくイメージが頭に浮かび、それを追いかけるかのように無心で作った作品です。

配信の他にダウンロード・コード付きのカセット・テープが、EASTOKLABのオフィシャル・ストアTobira RecordsSTIFF SLACKFILE-UNDER RECORDSにて、数量限定で販売されている。こちらも、ぜひチェックしてほしい。

『Swallowing Smoke』の配信リンクはこちら

 


RELEASE INFORMATION

リリース日:2021年4月21日
品番:UKDZ-0216
配信リンク:https://hayatohioki.lnk.to/S_Smoke

TRACKLIST
1. Flash
2. I Think
3. Look Back 
4. Frozen in Time
5. Pass
6. Throng
7. Fly Away
8. Glitter
9. Distant Memories
10.Make a Circle

 


PROFILE: Hayato Hioki
2018年に自身がフロントマンを務めるバンド〈EASTOKLAB〉での活動をスタート。現在までにDAIZAWA RECORDS/UK.PROJECTから2作のアルバムをリリースしている。レコーディング・エンジニアとしても愛知・名古屋を拠点に多様なアーティストの音源を制作。2021年よりエレクトロ/アンビエントにフォーカスしたソロ作品の制作をスタートし、4月21日にデジタル・アルバム『Swallowing Smoke』をリリースした。

関連アーティスト
TOWER DOORS