PR
インタビュー

SING LIKE TALKINGの3人はキャリアをリセットし、いま新しいスタートを切る!

ニュー・シングル『生まれた理由』で挑んだ〈自由と無限〉

(左から)藤田千章、佐藤竹善、西村智彦

ジャパニーズ・ポップ・シーンにおいて変わらず輝きを放ち続けるポップ・トライアングル、SING LIKE TALKING。彼らもまたコロナ禍の影響によって、2020年のプランを大きく変更せざるを得なくなったバンドのひとつだった。夏に開催が予定されていたツアー〈SING LIKE TALKING Amusement Pocket 2020〉が中止、ほかにもメンバーのソロ活動もさまざまな支障をきたしている。

しかし、ニュー・シングルをリリースするという目標だけは見事に実現させることができた。1年ぶりに届けられた“生まれた理由”は、コロナの自粛期間を経て生まれた新曲だ。耳を凝らせば、随所にコロナの影響を感じさせる要素が見当たるものの、それ以上に印象的なのは曲全体を包み込んでいる静かな躍動感といったもので、彼ららしいポップ・センスをアピールしながらも、昨今のR&Bやジャジー・ソウルのプロダクションに通じるコンテンポラリーな感触を湛えたサウンドを披露してみせ、新鮮な印象を与えてくれる。それがいったいどこから得られたものなのかを探りたいと思い、リモートで彼らに話を伺った。

さらにインタビューでは、Night Tempoが選曲した〈Reveal SING LIKE TALKING on VINYL〉のことについても質問を行っている。これはSING LIKE TALKINGがBMGファンハウス在籍時代に残した楽曲から、DJやセレクターがシティ・ポップ/AOR寄りの名曲をコンパイルするアナログ・シリーズだが、昨今の若い世代からの再評価を彼らがどういう気持ちで受け止めているのか、ぜひ確認してみてほしい。

さらにシングルと同タイミングでリリースされるギタリスト・西村智彦のソロ・アルバム『combine』の話題にも触れているので、お見逃しなきよう。

SING LIKE TALKING 『生まれた理由』 ユニバーサル (2020)

TOWER DOORS