網守将平『Ex.LIFE』スタジオワークを駆使し永井聖一や西田修大らと構築した独創的な音響空間

2021.01.25

クラシックや現代音楽をルーツに持ち、最近では大貫妙子やDAOKOの作品を手掛けるなど、ジャンルを超えて注目を集める音楽家、網守将平が2年ぶりの新作をリリース。歌声を聴かせた前作『パタミュージック』はポップ・ミュージックを我流に探求したような作品だったが、今回はピアノを中心にして、1曲を除くすべてがインスト曲だ。ピアノがクラシカルなメロディーを奏でるなか、永井聖一(ギター)、西田修大(ギター)、ゴンドウトモヒコ(ユーフォニアム)などが参加。スタジオワークを駆使して独創的な音響空間を構築していく。音のひとつひとつに存在感があり、電子音の使い方もユニーク。どこか人懐っこくてエキゾティックなサウンドが、聴く者のイマジネーションを刺激する。

TOWER DOORS