Keith's Counterpoint

ボズ・スキャッグスやサンタナなどジャンルを自由に横断した魅力的なサンフランシスコ・サウンドをまとめて紹介

ボズ・スキャッグスやサンタナなどジャンルを自由に横断した魅力的なサンフランシスコ・サウンドをまとめて紹介

俗にサンフランシスコ・サウンドと呼ばれるのはヒッピー・サウンドだ。バンドマンがお揃いのスーツを着ることから、ベルボトムやペイズリーのシャツや、まあ、なんでも気に入ったものを着るように変わった頃のものだ。サンフランシスコ・サウンドには、当時主流の娯楽だったLSDやマリファナの影響も大きい。これの意味するものは、革新的で詩的な歌詞、独特な楽曲構成に楽器の使い方、ジャンルを自由に横断してミックスしたサウンドと言えるだろう。以下には、世界を驚かせた60年代中頃から70年代のサンフランシスコ・サウンドの例を上げてみたい。

 

ジェファーソン・エアプレイン “White Rabbit”

ジェファーソン・エアプレインはサンフランシスコ・サウンドが世界に向けて羽ばたくのを牽引したバンドと言える。彼らはサイケデリック・サウンドの先駆者で、セカンド・アルバム『Surrealistic Pillow』からの“White Rabbit”“Somebody to Love”などの曲で、最初にラジオ・ヒットを飛ばした。このバンドはフォーク・ロック・バンドとして活動を開始したが、『Surrealistic Pillow』からは、よりロックなサウンドに近づいていく。

このアルバムは、ドラマーのスペンサー・ドライデンとヴォーカルのグレイス・スリックが参加した最初のアルバムで、スリックは以前のバンド、グレイト・ソサエティのヒット2曲を携えていた。“White Rabbit”はルイス・キャロルの名作「不思議の国のアリス」を題材に、ドラッグへの関連性を混ぜ込んでいるもので、後に〈サイケデリック・ボレロ〉と解説されるようになる。

※ラヴェル“ボレロ”風のリズムが使われている

ジェファーソン・エアプレインの67年作『Surrealistic Pillow』収録曲“White Rabbit”

 

グレイトフル・デッド “Truckin’”

グレイトフル・デッドは、ヒット・レコードも少なく、多量のドラッグ摂取で問題を起こし、ファンにはライヴを好きに録音させ、決まったリード・ヴォーカルを持たず、キーボードは定着しないなど問題山積にも関わらず、ある意味サンフランシスコ・サウンドでもっとも有名なバンドであり続けた。

バンド・メンバーはモダン・クラシック、ロック、ブルーグラス、フォーク、カントリー、ジャズやブルースなど様々なバックグラウンドから集まっている。グレイトフル・デッドは、彼らの傑作『American Beauty』以前に4枚の形態のバラバラなアルバムを出しているが、『American Beauty』で彼らの様々なバックグラウンドがうまくまとまり、素晴らしいオリジナル・サウンドを作り上げた。“Truckin’”は、バンドがニューオーリンズで逮捕された時の実話を元にしていて、ビルボードでは64位になっている。これは、この後87年に“Touch of Grey”が出るまで、彼らがチャートでつけた最高位だった。

グレイトフル・デッドの70年作『American Beauty』収録曲“Truckin’”

 

サンタナ “Evil Ways”

サンフランシスコという街には、その歴史の始め頃から一定数のメキシコ移民が、街の中でも貧困層の一部として定着している。カルロス・サンタナはメキシコのティファナから、家族でサンフランシスコに移住してきた。サンタナ・ブルース・バンドを結成する以前はストリートで大道芸として演奏をしていたという。

彼の技術はコンサート・プロモーターだったビル・グラハムを感心させ、そのラテン・ジャズ・サウンドは、当時の流行だったフォークの影響が強いヒッピー・サウンドとは合うと言えないものだったにも関わらず、グラハムはサンタナを起用するようになる。グラハムを通してサンタナのバンドは〈ウッドストック〉にブッキングされ、彼らのパフォーマンスは非常に高い評価を得た。当時サンタナはダイナーの皿洗いを続けていて、ドラマーのマイケル・シュリーブはわずか20歳だった。彼らのデビュー・アルバム『Santana』は〈ウッドストック〉のすぐ後にリリースされ、ジャズ・パーカッショニストのウィリー・ボボにより有名になったトラック“Evil Ways”のおかげもあって、ビルボード4位に輝き、ダブル・プラチナ・アルバムとなった。

サンタナの69年作『Santana』収録“Evil Ways”の70年のライヴ映像