荒井由実として音楽シーンに登場してから早半世紀。松任谷由実さんのデビューから50周年を記念して、『ユーミン万歳!~松任谷由実50周年記念ベストアルバム~』がリリースされました。

発売後、タワーレコードでは売り切れが続出するなど、2022年を代表するヒット作になっている本作。民放ラジオ99局の企画でリスナーからリクエスト曲とエピソードを募集、ラジオのスタッフやユーミン自身も参加して厳選された50曲と、AIを駆使した〈松任谷由実 with 荒井由実〉名義の驚きの新曲“Call me back”が収録されています。リスナーひとりひとりの人生に寄り添ってきたユーミンらしく、ファンから寄せられた各曲にまつわるエピソードもブックレットに掲載されており、ファンとともに作り上げられた作品と言っていいでしょう。

そこで今回は、ユーミンファンのタワレコスタッフたちが、〈ユーミンと私〉をテーマにコメントを寄せました(写真はリリース日の渋谷店の展開です。現在も同じ展開がされているとは限りません。ご了承ください)。 *Mikiki編集部

松任谷由実 『ユーミン万歳!~松任谷由実50周年記念ベストアルバム~』 ユニバーサル(2022)

 

私とユーミンと八王子
村越辰哉(新宿店)

ユーミンの実家は八王子の老舗、荒井呉服店なのはよく知られています。私が八王子のタワーレコードに勤務していた当時、ユーミンがお買い物に来られたことがありました。記憶に残っているのは声。クレジットのお支払回数を伺った返答、「一回」(もしくは「一括」だったかな……)そのたった一言がまぎれもなくあの〈ユーミンのお声〉だったことが今でも強烈に記憶に残っております。恐らく96年のことです。

96年といえば、荒井由実がライブで復活した年。ライブCD映像作品に収録された“中央フリーウェイ”は歌唱・演奏の素晴らしさもさることながら、個人的には〈八王子店でのユーミン〉の記憶と相まって思い入れが深いバージョンです。

96年のライブアルバム『Yumi Arai The Concert with old Friends』収録曲“中央フリーウェイ”

そしてデビュー50周年の2022年。ベストアルバム『ユーミン万歳!』は多くの音楽ファンが手に取っていると思いますが、書籍「すべてのことはメッセージ 小説ユーミン」もオススメです。少女・荒井由実のデビューまでの軌跡を綴ったノンフィクションノベル。単なるサクセスストーリー的伝記ではなく、荒井呉服店を通じて描かれる戦後日本の庶民の生活の変遷、日本ポップカルチャー史を体現しているユーミンの音楽体験が重層的に描かれまさに〈八王子の由実ちゃん〉が〈ユーミン〉になる、その時間を共にしているかのような小説なのです。

 

田中 学(新宿店)

スキーもサーフィンもしない(できない)自分にとって、ユーミンとはやっぱり荒井時代なのである。ごめんなさい!

キャラメル・ママ(ティン・パン・アレー)のファンキーでアーシーな演奏にのせて歌うユーミンは、まるで若くして夭逝した”ひこうき雲”の主人公のように永遠に色あせない。

もともとアルファレコードの専属ソングライターとしてデビューしたユーミン。その駆け出し時代はコーラスグループのハイ・ファイ・セットに数多くの名曲を提供している

”卒業写真”、”中央フリーウェイ”、”冷たい雨”、”雨のステイション”、”朝陽の中で微笑んで”、それらの多くはハイ・ファイ・セットの楽曲としてリリースされ、のちにセルフカバーというカタチでユーミンのアルバムに収録された。

ハイ・ファイ・セットの75年作『卒業写真』収録曲“卒業写真”

個人的にはそのハイ・ファイ・セットのリードボーカルである山本潤子さん、彼女は日本の女性歌手のなかでも間違いなく五指に入るボーカリスト。その彼女が歌うユーミン楽曲もこれまた最高なので未聴の方はぜひ聴いてみて欲しい。

ところで皆様、先日リリースされたばかりの『ユーミン万歳!ベスト』をご愛聴かと思われますが、実はシレっとレアなシングル曲が収録されているのはお気づきになられました?

それが”潮風にちぎれて”と”消灯飛行”の2曲。ベストアルバムに収録されたのが初めてなのはモチロン、ほぼ初CD化(過去に短冊シングル化)というこの曲たち。

『ユーミン万歳!~松任谷由実50周年記念ベストアルバム~』収録曲”潮風にちぎれて””消灯飛行”

ユーミンにとって初の松任谷名義で77年にリリースされた8枚目のシングル曲のA/B面となるこの2曲は、結婚記念として当時リリースされた初期ベスト『ALBUM』に収録されたものの、諸般の事情により未CD化。

最近ではアナログレコードでしか聴くことのできなかったこの2曲がまた素晴らしいのです! とくに荒井時代のユーミンを愛する方なら思わずこぶしを握り締めてしまうコト間違いなしの隠れた名曲。

ちなみにその次のシングル曲”遠い旅路””ナビゲイター”の2曲もCD化キボンヌ、です!

そして『ユーミン万歳!ベスト』に収録された唯一の新曲”Call me back”ですが、すでに知られるようにこれはアイドル歌手・白石まるみに提供した楽曲”恋人がいても”をリテイクしたもの。

この白石まるみバージョンも、彼女のはかないボーカルやクロスオーバーなサウンドが絶品な一曲なので、こちらも未聴の方は是非!

白石まるみの82年作『風のスクリーン』収録曲“恋人がいても”

塩谷邦夫(TOWER VINYL SHIBUYA)

ユーミン。初めて好きになった曲は“守ってあげたい”。でも当時、「ねらわれた学園」を映画館で観たけれど、スクリーンから流れた記憶はもうないんです。

『ユーミン万歳!~松任谷由実50周年記念ベストアルバム~』収録曲“守ってあげたい(2022 mix)”

そのあとは“ダンデライオン”に“時をかける少女”。そうなんです。薬師丸ひろ子さんと原田知世さんのファンだったんですね。だからなのかどうなのか、今でも“ダウンタウン・ボーイ”や“Hello, my friend”なんかのブルーミント系の曲にグッときます。

『ユーミン万歳!~松任谷由実50周年記念ベストアルバム~』収録曲“ダンデライオン~遅咲きのたんぽぽ(2022 mix)”

長門芳郎さんによる「パイドパイパー・デイズ」林美雄さんを書いた「1974年のサマークリスマス」を読んでいてもユーミンの青春期のエピソードが出てくると嬉しくなってしまう。

〈エンジンフードで卵が焼けるほど~〉とか〈MORIOKAという、その響きが~〉とかそんな言い回しをいつか普通に使える大人になれると思いながら早30年以上経ってしまった……。死ぬまでに『Yumi Arai The Concert with old Friends』をアナログレコードで聴きたいなー。

 

後藤博子(渋谷店)

家族で出掛ける時、カーステレオから流れてくる“ルージュの伝言”。かわいい曲に姉と一緒に車の中で歌っていた記憶が、ユーミンとの最初の出会いでした。“ひこうき雲”や“卒業写真”など、ユーミンは父が編集してくれたカセットの中にいる人で、当時の幸せな時間とともある音楽でした。

『ユーミン万歳!~松任谷由実50周年記念ベストアルバム~』収録曲“ルージュの伝言(2022 mix)”

物心ついた時には、リリースのたびにヒットチャートを圧巻する女王のような存在で、小学校の時に聞いた“Hello, my friend”は歌詞の意味はわからなくとも切なくて、繰り返し聞きたくなる曲。

高校の頃の着メロはずっと“ANNIVERSARY”だった私が、自分の人生を形成する上で、さらに大切なアーティスト様になったきっかけは、20代で聞いた“朝陽の中で微笑んで”でした。苦しくも必死に恋をしていた20代、ユーミンの曲に励まされ、泣きながら、ともに生きていたと思います。

荒井由実の76年作『14番目の月』収録曲“朝陽の中で微笑んで”

そこから、少しずつオリジナルアルバムを聞いて、現在30代後半になって振り返った時、周りの人や自分に対して、以前よりちょっとだけ許せるようになったのは、ユーミンが色々な事を教えてくれたおかげだな、と思っています。この先年齢を重ねて、40代50代になっても、ユーミンを聞き続けられる人生でいたいと思います。

時間が経っても輝く人でありたいと思えた事、雨が好きになった事、安いサンダルは履かない事。

“時のないホテル”は衝撃的だし、“静かなまぼろし”はいつ聞いても切ない。色んな感情や、想像する世界が、自分の中でひとつずつ積み重ねられていて、それをこれからも大切にしたいと思っています(最近は“晩夏(ひとりの季節)”がお気に入り)。

色んな事があり、これからも乗り越えなければいけない壁はありますが、年始に立てた目標の一つ〈山手のドルフィンでソーダ水を飲む事〉を掲げた私は、ユーミンを聞きながらであれば頑張れそうな気がします。

機会があればぜひ、CDやLPで聞いてみてください。目に見える大切なものとして保管していく事も、自分の重ねた人生が見えるようで、良いですよ。

 

松本創太(渋谷店)

私にとってユーミンの原体験はやはり父の車で流れる音楽。飛行機の音で始まり飛行機の音で終わる『COBALT HOUR』がお気に入りでした。

そして時は流れ中高生になり、手に入れたiPodに父のCDを片っ端から取り込んでいく中で〈再会〉したのです。タイトルチューン“COBALT HOUR”から“卒業写真”への細野さんのふり幅、そして“雨のステイション”の細野さんに驚愕。ブリブリのファンクチューンから、幻想的でのびやかでささやかに主張する様はまさに〈必要にして十分〉。

そこで出会ったティン・パン・アレーの面々やリーランド・スカラー、さらに〈松任谷〉時代を支える松原正樹氏などそこから広がった音楽人脈は数知れず。ユーミンが教えてくれた音楽や音楽人の数々が、現在の私の音楽志向の基礎を築いてくれている気がします。

ちなみにこの話を母にしたところ、幼少期、父の車で出かけた日の夜、私は“雨のステイション”を度々熱唱していたとのこと。無意識ながらに細野さんに感化されていた?わけではないと思いますが、音楽を全く知らない子供も、そして大人になっても常に魅了し続けてくれるユーミン。皆様もご自身の思い出の中のユーミンエピソードを思い出しながらベストをお楽しみください。

荒井由実の75年作『COBALT HOUR』収録曲“雨のステイション”

(個人的には新曲“Call Me Back”で松原正樹氏のギターが聴けるのがうれしい!)

天野龍太郎(Mikiki編集部)

物心がついたのはバブル崩壊後。混沌とした90年代に、「私をスキーに連れてって」の残像はもうすでに残っていませんでした。それでもやっぱりユーミンといえば、私にとっては〈テレビから歌が流れてくる人〉でした(〈タツローと私〉でも同じことを書きましたね)。「誰にも言えない」の主題歌だった“真夏の夜の夢”、「君といた夏」の“Hello, my friend”は、テレビとラジオで何度聴いたかわかりません。“春よ、来い”は、亡き祖父母の家で朝ドラのオープニングテーマソングとして聴きました。

それと、母がファンだったので、ユーミンの歌は幼い頃から家でよく耳にしています。“守ってあげたい”を一番のフェイバリットソングに挙げる母が当時よく聴いていたのは、大ヒットしたベスト盤『Neue Musik』

母は松田聖子のファンでもあるので、呉田軽穂の仕事も教えてくれました。八王子出身であることや“中央フリーウェイ”の由来も(東京の西側出身なので、その事実は重要に感じていましたし、私にとってユーミンは、〈SURF & SNOW〉でトレンディーできらびやかな東京の人というよりも、いまだに〈多摩の人〉なのです)。そんなわけで彼女が生み出すメロディー――ユーミン節と呼ぶしかない、あの独特の旋律――は、身体に染みついてしまっています。

『ユーミン万歳!~松任谷由実50周年記念ベストアルバム~』収録曲“中央フリーウェイ(2022 mix)”

10代後半になった私は、ユーミンに出会い直します。日本のロックやポップミュージックの歴史をさかのぼって聴いていくなかで、荒井由実の4枚のマスターピースに行き当たったわけです(これもやっぱり、タツローと同じです)。同じユーミンといえども、怪しげな“真夏の夜の夢”とはまったくちがう、儚げで繊細な、けれども確実に一貫した音楽がそこにはありました。その美しさに魅了されたことは、言うまでもありません。

いい大人になってから観た「魔女の宅急便」でキキのラジオから軽快な“ルージュの伝言”が漏れ聴こえた瞬間、あるいはエンディングロールが“やさしさに包まれたなら”とともに始まったとき、不覚にも涙してしまいました。もちろん、「シン・エヴァンゲリオン劇場版」での“VOYAGER 〜日付のない墓標~”の〈再発見〉も忘れちゃいけません。ああ、なんて美しいのでしょうか!

『ユーミン万歳!~松任谷由実50周年記念ベストアルバム~』収録曲“VOYAGER 〜日付のない墓標~(2022 mix)”

母から受け継がれ、人生のなかで事あるごとに再訪しているユーミンの音楽は、自分の耳と心にしっかりと打ち込まれて取り外すことのできない、強固なメルクマールのようなものになっています。そんなアーティストが他にいるかと考えたら、ビートルズくらいのものかもしれません。そんなわけで、ユーミン万歳!

 


RELEASE INFORMATION

松任谷由実 『ユーミン万歳!~松任谷由実50周年記念ベストアルバム~』 ユニバーサル(2022)

リリース日:2022年10月4日

■初回限定盤A(CD 3枚組+Blu-ray)
品番:UPCH-29441
価格:5,280円(税込)

■初回限定盤B(CD 3枚組+DVD)
品番:UPCH-29442
価格:4,730円(税込)

■通常盤(CD 3枚組)
品番:UPCH-20629
価格:3,850円(税込)

収録曲:50曲+新曲“Call me back” 計51曲

・ブックレット:収録曲50曲のリスナーからのエピソードを掲載した豪華ブックレット94P
・初回限定盤仕様:三方背ケース、4面デジパック、ブックレット、折り込み大型両面ポスター(620mm × 560mm)
・特典映像:荒井由実 × 松任谷由実 ダイアローグ/“Call me back” Music Video
※CD収録曲、ジャケット、ブックレット3形態共通
※特典映像収録内容は〈初回限定盤A〉のBlu-ray、〈初回限定盤B〉のDVD共通

TRACKLIST
DISC 1
1. 真夏の夜の夢
2. 中央フリーウェイ
3. ダンデライオン~遅咲きのたんぽぽ
4. ひこうき雲
5. 緑の町に舞い降りて
6. 青春のリグレット
7. DOWNTOWN BOY
8. 瞳を閉じて
9. 卒業写真
10. 最後の春休み
11. リフレインが叫んでる
12. よそゆき顔で
13. 輪舞曲(ロンド)
14. サーフ天国、スキー天国
15. 海を見ていた午後
16. 情熱に届かない~Don’t Let Me Go
17. カンナ8号線

DISC 2
1. Hello, my friend
2. やさしさに包まれたなら
3. 5cmの向う岸
4. ダイアモンドダストが消えぬまに
5. 恋人がサンタクロース
6. WANDERERS
7. シンデレラ・エクスプレス
8. ノーサイド
9. ダンスのように抱き寄せたい
10. DESTINY
11. 満月のフォーチュン
12. 灯飛行
13. ホライズンを追いかけて〜L’aventure au désert
14. 星空の誘惑
15. セシルの週末
16. 花紀行
17. 春よ、来い

DISC 3
1. Valentine’s RADIO
2. 真珠のピアス
3. 翳りゆく部屋
4. SWEET DREAMS
5. 潮風にちぎれて
6. Forgiveness
7. 冬の終り
8. あの日にかえりたい
9. ルージュの伝言
10. 埠頭を渡る風
11. ベルベット・イースター
12. VOYAGER〜日付のない墓標〜
13. 守ってあげたい
14. 宇宙図書館
15. ANNIVERSARY
16. 青いエアメイル
17. Call me back(新曲)

 


PROFILE: 松任谷由実
72年、多摩美術大学在学中に荒井由実としてシングル“返事はいらない”でデビュー。ユーミンの愛称で親しまれ、“ひこうき雲”“やさしさに包まれたなら”“守ってあげたい”“真夏の夜の夢”“Hello, my friend”“春よ、来い”など、数々の名曲を生み出す。これまでにオリジナルアルバム39作品をリリース。ソロ歌手として史上初のアルバム総売上3,000万枚を突破するなど、名実ともに日本を代表する女性アーティストとして活躍を続けている。