完全体になったExWHYZが早くもセカンド・アルバムを完成! さらに自由で刺激的なサウンドと豊かな人間味を獲得したダンス・ミュージックの桃源郷は、進化し続ける6人の現在進行形を明快に照らしている!

 昨年11月にファースト・アルバム『xYZ』を発表して初の全国ツアーを敢行、休養していたmidorikoも今年1月のツアーファイナルから復帰し、改めて完全体となったExWHYZ(イクスワイズ)。そんななか、4月1日の春ツアー〈ExWHYZ TOUR 2023 xANADU〉初日にサプライズで登場したのがセカンド・アルバム『xANADU』です。その日は新加入したayuni(BiSHのアユニ・D)を含む7人編成で『xANADU』全曲のパフォーマンスを完遂、7人で録音したアルバムを来場者に無料配布するというエイプリルフールの企画が徹底され、併せて公開された“FIRST STEP”のMVも相まって大きな話題となりました。よく考えると正式な『xANADU』は6人編成になるわけで、先に〈+1〉を公開した以上は〈-1〉にも捉えられかねないものですが、そんな杞憂を一蹴する絶対的な自信に溢れたアルバムは、ExWHYZとしての存在感を決定づける傑作に仕上がっています。5月13日には初の日本武道館公演〈ExWHYZ LIVE at BUDOKAN the FIRST STEP〉も控えるなか、今回はグループを代表してmahoとmikinaに話を訊きました。

ExWHYZ 『xANADU』 ユニバーサル(2023)

 

可能性の扉が開かれたアルバム

――前作から5か月で早くもニュー・アルバムが完成しましたね。

mikina「ファースト・アルバムの『xYZ』を出して、ツアーもしてきて、その感触があったうえで、幅が広げられる挑戦をたくさんできたのが今回の『xANADU』です。新しい挑戦ができたり、なりたい自分が新しく見つかったりとか、すごくのびのびできる作品になりました」

maho「『xYZ』が出来たときは、〈ここから始まるんだ〉っていう感激が大きかったんですけど、セカンド・アルバムが完成して聴いたときはこれからが楽しみになりました。ライヴで披露するのもそうだし、〈ここからどうなっていくんだろう?〉みたいな」

mikina

――4月の春ツアー初日に全曲披露されましたが、ライヴでの反応はいかがですか?

mikina「声出しOKになって反応がわかりやすくなったのもあって、一緒に熱が上がってる感じが凄くしています」

maho「“Des Speeching”とかどんな感じになるんだろうって思ってたんですけど、みんな踊りまくってたから、可愛いなって(笑)」

mikina「最初のツアーはまだ始めたてで、お客さんの側も〈どんな感じかな?〉っていう気持ちはあった気がするんですけど、今回は最初からわかってくれている感じだったので、お客さんの楽しみ方もより自由度が上がってきてるのかもしれない」

maho「前のツアーでも純粋にみんなが新しい私たちを前向きに楽しんでくれている感覚があったので、さらにこのアルバムで勢いがつくというか、いろんなことがもっと解放的になったらもっと楽しくなりそうです」

――マスター(ExWHYZファンの総称)の皆さんも楽しみ方を心得てきた印象ですね。で、その素晴らしいアルバム『xANADU』の話に移りますが、まずタイトルが意味する〈桃源郷〉とはどんなイメージなんでしょう。

mikina「開けていくイメージですね。伸びやかで決まった形がない、明るいイメージ」

maho「タイトルの通りここから開けていくイメージというか、いろんなクリエイターの方に力を貸していただいて、ここから広がっていくための可能性の扉が開かれたアルバムだなって思っています」

――今回も多彩なクリエイターの方が参加していて、イントロ的な“xANADU”からの“BLAZE”という冒頭の2曲とラストの“Everything”をyahyelの篠田ミル&山田健人のお二人が手掛ける構成は前作と同じですね。

mikina「“xANADU”から“BLAZE”に繋がっていくところもいいですよね。EMPiREの頃から近い距離で見てくださっていた山田さんが、改めてExWHYZが始まることについて書いてくださったのが嬉しくて」

maho「EMPiRE時代も戦闘態勢を高めるような、ライヴで熱をグッと上げる曲が好きだったけど、ExWHYZでもその部分を出していけるんだって思えたのが“BLAZE”でした。アルバムの最初から熱い感じで歌えるので、自分たちも気持ちが締まる感じがあります」

mikina「覚悟が決まる曲だよね。久々に張り上げ系の声を出したので、レコーディングでも久しぶりに思いっきりお腹を使う感じを思い出しました」

――篠田さん山田さんとは前作に続いてのレコーディングとなりますが、いかがでしたか?

mikina「すごく楽しかったです。相手が山田さんとミルさんっていうのもあって、自分が存分にかっこつけてもいい感じになれたので、雰囲気に乗せられてノリノリで歌えたし、波に乗って録れた曲でした。今回はどの曲も難しかったんですけど、この曲はわりとすんなりモードに入れて良かったです」

maho「山田さんとミルさんのレコーディングはストイックに時間もかけて、〈もっとイケる〉ってなったら時間の許す限りトライする感じなんです。メンバーの良さや引き出しも理解してベストを引き出してくださるから、みんなも信頼してるし」

――midorikoさんがフル参加されて、曲としても改めて6人揃ったなっていう感じが“BLAZE”では特に出ていますね。

maho「そうです。doriちゃんが復帰したからシャウトも入っていて」

mikina「6人揃わないと出来上がらない」

maho「それもわかってて、見せ場を作ってくださっているのがすごくありがたいなって思います。〈6人でベストなんだ〉っていうのをアルバムの最初から出せるのが」

maho

――アルバムでもそうですし、ライヴでのオープニング感も高まりますよね。で、続く3曲目の“Des Speeching”は、大沢伸一(MONDO GROSSO)さんのプロデュース。大沢さんが前作で手掛けた“Wanna Dance”ともまた違うシャープでストイックな印象です。

mikina「日常で聴ける感覚があるのが私は好きです。キャッチーさもあるし、色気もあるし、でも不思議な浮遊感というか、良い意味での違和感もあるし」

――〈ゾラミナサンソワミモッサ〉という呪術的なフレーズも耳に残ります。

mikina「大沢さんの夢の中に出てきたフレーズだそうで、完全に造語らしいです。ExWHYZのためだけの単語。デモの時点でワンコーラスの歌詞も出来上がってて、大沢さんの世界観がそのまま残ってる感じです」

――作詞はmayuさん、mahoさん、midorikoさんも共作されていますね。

maho「私が書いたのは2番の〈知らなかった夢と⿎動が120を数えるほどに/冷え切った声⾔葉こころ君が溶かす〉の2行ですね。この曲は去年のツアーから歌ってる“Everything”を除けば今回のアルバムで最初にレコーディングしたんですけど、みんなでヤバい!って話したよね」

mikina「初めて聴いた時にモチベーション上がりすぎて、帰り道ですごく嬉しかった記憶がある(笑)」

maho「セカンドの一歩目というのもあって、高揚した気持ちで歌詞も書きました」

mayu

攻めてるけど自分たちにフィットしている

――その昂揚感に続くのが、EMPiRE時代の“IZA!!”以来となるSeihoさん作のアンセミックな“ANSWER”です。前作の時点でデモはあったそうですが、ExWHYZとしての登場曲みたいな風格もあって、これはめちゃくちゃヘヴィーでかっこいいですね。

maho「“IZA!!”で初めて楽曲をいただいてから、Seihoさんの曲って何回も聴きたくなるっていうのが私の中であって、いい意味で軽い気持ちで音に乗れるっていうか、ご縁があってまた一緒に制作させてもらって、Seihoさんの曲が好きだなって改めて思いました」

mikina「ドロップでズーンて上がるかと思ったらズーーーンて落ちるじゃないですか。これができるのいいなって思って、攻めてるけどちゃんと自分たちにフィットしてるのを感じながらできるのがめっちゃいいです。クラブでもやったよね」

maho「リリースパーティーを3月にクラブでやった時に初披露して、マスターのみんながこれからのことにこの曲で期待してくれてる感があって」

mikina「クラブの床が低音で揺れたりして、いろんな場所でExWHYZの曲が活きる瞬間があると思ったし、“IZA!!”の時もそうだったんですけど、また新しい可能性の扉を見つけられたなって思います」

maho「振付けはmayuちゃんがやってくれました」

mikina「mayuちゃんは耳がいいから拾う音が気持ち良くて。振付け込みで観てもらえたらもっと気持ちいいなって」

――状況を踏まえて書かれた岡嶋かな多さんの歌詞も強いですね。

mikina「岡嶋さんもメンバー?みたいな。ずっと一緒にいた人が書いたみたいな歌詞」

maho「そのくらい私たちにフィットしています」

――そこから一転して、久保田真悟(Jazzin’park)さんによるロック・ナンバー“FIRST STEP”が続きます。

mikina「久しぶりのロック・サウンドです。2月に女川でライヴした時に、まだ披露して何回目かだったのに、それでも目の前にいるお客さんを見てたら歌詞が凄く刺さっちゃって。数回しか歌ってない曲でこんな温かい気持ちになれるのって、この曲の持つパワーがすごいんだなって思ったし、これからそれがどんどん重なっていって、もっと大切になっていくんだろうなって思う曲です」

maho「歌詞はnowが書いたエッセンスを、岡嶋さんが意図を汲み取ってまとめてくださっています。この曲もファーストの時からデモはあって、みんなで何回も歌詞を書き直したりしてたんですよ。最初にデモを聴いたのが夏だったので、ドライヴとかで聴きたい爽やかな曲だなって感じたんですけど、みんなで書き直した過程とか、最終的にこの歌詞になったことも含めて、思った以上に泣ける曲になりました(笑)」

――プロセス込みでグッとくるという。ノスタルジックな曲調にも合っています。

maho「EMPiREから応援してくれているみんなもちょっと馴染みがある雰囲気で、楽しんでくれてるのがわかります」

――はい。続く“SUPeR SIMPLe”は、前作で“STAY WITH Me”を手掛けたデニー・ホワイトさんのキャッチーなフューチャー・ハウスですね。

maho「デニーさんの曲はライヴで気持ちが溢れるなって思いました。超シンプルに一緒に楽しめる空間が作れる、そういう可能性が見えた曲ですね」

mikina「なんか大きいハコが見えるんですよね、デニーさんの曲って。yu-kiちゃんが振付けしたんですけど、シンプルに飛んだり手を叩く振りが多いので、初めての人でも純粋に楽しんでもらえると思います」

――次の“Walk this way”は初顔合わせのMooFプロデュースによるR&B風味の曲です。

maho「この曲はmayuちゃんの歌がイケイケですね。もともとは前のツアーの時に楽屋で〈難しいけど歌える?〉ってデモを聴かせてもらったら、もう〈歌いたい!歌いたい!〉みたいになって。私たちの意見も聞いてくださってやることになりました」

――こちらはmahoさんが作詞ですね。

maho「セルフ・ラヴじゃないですけど、いつかこういうテーマで詞を書きたいなって思ってました。自分を持つことを大切にしたいし、自分自身を愛して、メンバーや周りの人たちを愛して、みんなでそうやっていけたら最高だなみたいなマインドの曲が書きたくて、いろいろアドバイスを貰ったりしながら書き上げました。実はmikinaちゃんが1行書いてたり」

mikina「〈それでも今 確かに今 繋がる今 歩き出すよ〉の1行だけなんですけど。mahoちゃんのマインドってグループにとってすごい頼りになるなって改めて思うし、〈誰かと比べたりせずに自分を信じて、ブレないで自分の思うようにやればいいじゃん〉っていう強い意志を勝手に感じ取っていて。これはそういうのがいっぱい入ってる曲です」

maho「基本的に私はグループやこの活動のことを考えたり、みんなといる感じを思って書くことが多いから自然とメンバーのワードもハマったりとかして。武道館でやるのが決まっているタイミングだったので、そういうことも考えながら書いた記憶があります」

mikina「mahoちゃんは〈ライヴでメンバーがこうやって歌ったらいいな〉って思いながら歌詞書くじゃん。それが私はできないので、メンバーのことをホントによく見てるんだな、すごいなって思いましたね。素晴らしい歌詞」

yu-ki

――yu-kiさんのラップも良さが出てますね。

maho「そう思います。yu-kiちゃんは絶対にラップの歌割を取る意気込みで何週間も練習してたみたいで(笑)」

mikina「レコーディングもめっちゃ活き活きしてましたね(笑)」

――続いても初顔合わせとなるKBSNKさんとの“メトロノーム”で、こちらはキャッチーな新境地のドラムンベースになりました。

maho「みんなのエモーショナルな声を久しぶりにダイレクトに聴けるのがすごく好きです。イントロからすぐ音の世界に没入していけるし、リリックもKBSNKさんにお任せしたからこそできた曲で、自分たちじゃ書けない世界観だなって思います」

mikina「“メトロノーム”はホントに難しかったです。こんなに速い曲は初めてぐらいな感じで譜割も難しいし、速いけど情景描写も入って心情を出すようなエモい曲だから歌い方にも気をつけてレコーディングに臨んだんですけど、出来上がってみたら自分のテンション感に合ってて、ライヴで歌うのがいまいちばん楽しいかもしれないです」

maho「ライヴ終わった後、〈ライヴハウスでの“メトロノーム”はやばい〉って言ってたよね」

mikina「音の厚みがすごくて、急に世界に入れる感じで。これはライヴで体感してほしいです」

――そして幻想的な“DIVE”は、前作の“Higher”に続いてShin Sakiuraさんが手掛けています。

mikina「すごい歌いやすかった記憶がある。Shinさんの仮歌を聴いて練習してたんですけど、自分のキーやトーンに合ってることのもあって、波のある歌い方とか好きで歌いやすかった記憶があります」

maho「最初デモを聴いた時にイントロからこの曲好きって思って、レコーディングを楽しみにしてました。ExWHYZになってからは細かいリズムのハメ方とか一回一回が学びで、“DIVE”もそうでしたね。歌っててサビが気持ちいい」

――自然に声が出てる感じがします。

maho「だからかもしれないです、歌いやすくて最初からハマりました。この曲はnowが振付けしてくれて、アウトロ部分ですごく踊るので、ライヴはそこも楽しみに観てほしいです」

――アルバム全体で見ると前半がガツンと強いけど、人間味の溢れてくる後半の流れがいい感じに思いました。

maho「曲順も何回も変わりました。最初に“メトロノーム”と“DIVE”は続けて聴きたいなって思っていたら最終的にこの曲順になって、流れもベストなので、そうやって聴いてもらうのが嬉しいです」

midoriko

ExWHYZに変わった意味を証明したい

――そしてShingo Suzukiさんによるエレポップ“Darling”はファンキーで小気味良い出来映えです。

mikina「“Darling”は可愛いですよね。いまアルバムをずっと聴いてるんですけど、日常に合うというか、いちばんこの季節に合う気がします。素のテンションで歌えるし、歌ってる時にあらゆる大切な人が浮かびやすいと思う歌詞だから、目の前にいるファンの人たちにもまっすぐ届けられると思うし、歌えば歌うほど好きになりそうです」

maho「これはメンバーみんなの中にある等身大の魅力みたいなものが出ている曲なので気に入ってます。私とmayuちゃんで作詞したんですけど、どっちかっていうとmayuちゃんが書いた世界観が強くて、そこに後から私の言葉が入った感じで」

mikina「mahoちゃんのこういう歌詞はイメージしやすいけど、mayuちゃんの可愛い感じはあまりなかった気がする。〈君とコーヒー 甘すぎない方がいいの〉のところはmayuちゃん本人も気に入ってるそうです」

maho「恋愛目線の歌詞だけど、恋愛対象じゃなくてもそばにいる大切な人やメンバーもそうだし、ファンの人もそうだし、大事な人に対する感情ってそんなに変わりはないなって思っていて、そのことを素直に書いたって話したら、mayuちゃんも同じだって言ってたんで、恥ずかしがらずに二人が書いた歌詞としてみんなに受け取ってもらえたらいいなって思います」

mikina「愛の曲なんです、恋じゃなくて。だからいいんです」

maho「振付けはこの2人でしました。レコーディングの時に〈広いステージでいろんな人に届けてるイメージで歌って〉って言われたのを覚えてて。みんなで手を振って楽しくライヴでできたらいいなって」

mikina「ExWHYZは大人っぽい曲が多いので、大人の女性みたいな動きの振りが多いんですけど、この曲はちょっと可愛いのもいいかな?っていう振りを私は入れたりしました。メンバーでやってみたらハマりも良くて、ライヴでいっぱい楽しんでもらえる要素が散りばめられてると思います」

――はい。そして篠田さん山田さんによるラストの“Everything”は最初のツアーから歌われている曲ですね。これはもう聴いたまんまの温かみに包まれます。

mikina「グループが変わっていく中で変わらなきゃいけない部分はもちろんあるけど、ずっと大事にしていたものは変わらず持ち続けていきたいし、カッコ悪い部分も全部抱きしめていけたらいいなって思えるし、目の前にいる人への愛をこの曲を通じて素直に伝えられる。喋ったりはしないことを歌で伝えるのにいちばんいい曲っていうか、自分たちの気持ちそのままが込められた曲です」

――EMPiRE曲のフレーズを散りばめた歌詞も響くものがあります。

maho「ライヴで歌ったり言葉として声に出していくことで、目の前にいるファンのみんなともそうだし、あの空間で確かめ合っていける、この歌がそばにある限り、それをできるのがすごくありがたいし、大切にしていきたいですね。忘れないでいなきゃいけない感情をちゃんと確かめさせてくれるような存在だなって思います」

――はい。という素晴らしいアルバムが出来上がって、いよいよ5月13日の日本武道館での〈ExWHYZ LIVE at BUDOKAN the FIRST STEP〉も間近に迫っていますが、現在はどんな心持ちでしょう。

mikina「武道館っていう特別なステージに立つプレッシャーは良い意味で持ちつつ、自分の中ではこういう自分で立ちたいとか、やりたいこともどんどん定まってきて、楽しみが広がってきています。セカンド・アルバムも出して、マスターのみんなと同じ熱量で上がってきている感触があるので、蓄えてきた熱さをバンッて出したいなって。武道館でデカい音を鳴らして、みんなと気持ちを共有したいです」

maho「いろんな人たちの力を借りて作ったアルバムを背負ってライヴして、自分たちも自信を持てる曲があって、ライヴを作ってくれるチームがあって、来てくれるお客さんがいて……っていう、いまのExWHYZの空間が好きなんですよ。この空間を広めていきたいって本気で思うから、武道館でちゃんとその第一歩を見せたいです」

now

――まさに〈the FIRST STEP〉ですね。

mikina「はい。ExWHYZとして本当の第一歩っていう意味での〈the FIRST STEP〉です。6人揃ってのツアーを終えて立てる舞台でもあるし、武道館に立って、EMPiREからExWHYZに変わったことの意味を証明したい。その答えを出せる日にしたいです」

maho「最高な日にするので来てくれたら嬉しいです。いまExWHYZが持ってるものをあの特別な場所で一緒に体感できるのをすごく楽しみにしています」