映画「マルケータ・ラザロヴァー」13世紀、動乱の時代に翻弄された少女の愛を描くチェコ映画の最高峰が国内初ソフト化

2023.08.15

映画制作が根付いている国にはその国を代表する作品があるが、本作はチェコを代表する作品です。有識者たちがチェコ映画の最高峰の一つに挙げている。13世紀のボヘミア王国、その動乱の時代に翻弄された少女の過酷な愛の物語。当時と同じ素材・方法で小道具等を作成し、極寒の山奥で当時と同じように生活しながら548日間にもわたるロケーション撮影を行なったそう。その作り込まれた力強い映像美に圧倒され、自然主義的な物語に心揺さぶられます。1967年の公開後には再上映はされず、翌年のプラハの春とともに封印され、ビロード革命後に封印が解かれたとゆう曰くつきのエピソードにも惹かれてしまう。