帰ってきたPEDROが新体制で初めてのシングルを完成! 改めて自身の表現と丁寧に向き合ったアユニ・Dがいま伝えたい温度感、届けたい言葉とは?

 ……ということで、アユニ・Dは髪を切りました。田渕ひさ子(ギター)、ゆーまお(ドラムス)をサポートに迎えた形で新生し、同体制での再録アルバム『後日改めて伺いました』も発表したPEDROですが、それに続く再始動後の初シングル“飛んでゆけ”のMVでは、「もう1年半前から、この日のために伸ばしてきたんで(笑)」という長い髪をみずからカット。活発なボブを揺らして、改めて本格的にPEDROが戻ってきたというわけです。今回はそんなニュー・シングルと新体制で巡るツアー、2度目の武道館へ向かう心境についてアユニに話を訊きました。

PEDRO 『飛んでゆけ』 ユニバーサル(2023)

 

素直に生きるほうが素敵だな

――そもそもの話ですが、BiSH解散が決まった2019年末の段階で、以降の選択肢はPEDRO一択だったんでしょうか?

「PEDROを始めたての時とかBiSHの解散を考えはじめた頃は、精神的にもホントに子どもで、明日生きるのに必死みたいな時期だったので、自分が将来どういう表現をしていきたいのかを考えられる力も持ってなかったし、他の選択肢を考える余裕もない感じでしたね」

――確かに、PEDROはコロナ禍に入ってから、より主体的に成長していったように見えました。

「そうですね。精神的にも変わったって自覚するくらい物心がついた期間だったので」

――PEDRO活動休止までの期間に、気持ちも定まっていったということですね。

「はい。解散後にPEDROとして前向きに表現できるように、最後の1年半はBiSH人生を全うしようっていう気持ちだったので。もうその時点では、ここからPEDROとして表現していきたい、音楽を作っていきたいっていう自我がありました」

――そこで改めてPEDROとしての活動を選んだ理由は?

「やっぱり、ひさ子さんの音楽と出会えたことが自分の人生には大革命的な出来事ですし、心から尊敬できるPEDROチームの人たちと仕事ができてるのってホントに幸せなことだって常々思っていて。だからこそ、自分ももっと良い表現者になって、PEDROというものをもっと確立させたいという強い思いを持ちました」

――再始動後もベース/ヴォーカルで、同じ3ピースの形態は変えないイメージでしたか?

「再始動するタイミングでドラムの毛利(匠太)さんと一緒にできなくなったり、あとは〈こういう音楽を作りたい〉っていうのが自分の中でどんどん芽生えてきてからは、〈キーボードを入れたい〉とか〈ギターもう1人いてもいいんじゃないか〉とか考えたこともありました。でも、例えばめっちゃ巧いキーボードの人を入れるとか、そういう音数や技術で成長した姿を見せるのって、自分のクオリティを考えるとまだ早いし、自分のレヴェルが追いついてないとも思ったし、やっぱりまったくの初心者が突如ベースを始めてレジェンドと組むっていうおもしろみのある3ピースでやってきたのも、ある意味PEDROのひとつの強みなので。自分の技術のなさは弱みで、PEDRO一本になったのでどんどんクオリティを上げていかないといけないんですけど、裏を返せばそんなバンドってなかなかいないし、そこが味でもあると思ったので、いまはこの形で続けていきたいなって。レコーディングでどなたかに別の音を入れてもらったり、今後やってみたいことはいろいろあるんですけど、ライヴは3ピースの体制でやっていきたいなって思ってます」

――新代田FEVERでの〈午睡から覚めたこどものように〉が新体制の初ステージ(シングルの初回盤/映像付通常盤に収録)となりましたが、初めて3人で揃って合わせたのはいつ頃でしたか?

「去年の夏に『後日改めて伺いました』のプリプロやレコーディングに入りはじめたので、ちょうど1年前くらいですね。でも、その頃はBiSHのスケジュールもあったり、お二人もお忙しいので、実は3人で合わせたのも数えれるくらいしかなくて。各自が練習してきて、1~2回プリプロ入って、すぐにレコーディングして、って感じでした」

――再録盤に続いて昨年秋に制作されていたのが今回のシングルとなりますが、収録の2曲とも“さすらひ”に続いて田渕さんがアレンジを担当されています。

「やっぱり再始動1発目は大好きな人にお願いしたくて、ひさ子さんがtoddleやソロでやってる楽曲の、あの柔らかさとか、脆そうだけど、ちゃんと芯を貫いてるところが凄く好きで。その温かさを作っていただきたくてお願いしました」

――いまのアユニさんがそういうモードでもあって。

「どんどん〈人間って日々生活して生きてるんだ〉ってわかってきて、そこを大事にして生きていきたいなって思うようになったのが大きいです。昔はやっぱり出せるキーまで声を出して、パンクでロックで、ベースをガツガツ弾いて、みたいな曲が多かったけど、いま自分が作りたいのはそういうものじゃないというか……斜に構えてる感じじゃないんだよな、やっぱり素直に生きるほうが素敵だなって実感してから、温度感のある温かい曲を作りたいと思うようになって。“飛んでゆけ”は、そんないまの自分といちばんリンクする楽曲でした」

――曲を書いた時期は?

「ここ1年以内だと思います。活動休止中も再始動後のために曲をいろいろ作っていたなかで、たぶんシングルっぽくないって思われがちな曲というか。〈よし! 再始動1発目、ポップな曲作るぞ! 広めるぞ!〉っていうよりかは、自分がいまどんな曲を歌いたいのか、どんな温度感を表現したいのかを重視して作りました」

――いまのPEDROを伝える意味で、最初にこういう大らかな曲が出るのは凄くいいと思います。言葉にしてもらうのも野暮ではありますが、何がどこに飛んでゆくんでしょう。

「PEDROの存在やPEDROの音楽が、受け取ってくれる人のお守りのような存在になれたら幸せだなって思いながら曲を作ってて。この曲のお守りのような力がその人に飛んでゆけっていうか。めちゃくちゃ理想論なことを言うと、〈あなたがつらくなったら私が飛んでいくよ〉って伝えたいんですけど。誰かを救いたいとか思うのってわがままかもしれないけど、自分がファンの方々とか家族とか大事な人からの言葉でたくさん救われてきたので、それを恩返ししたいというか」

――曲調も相まって凄く優しい歌に仕上がりましたね。

「いままで救われてきたことを忘れたくないっていうのがありました。BiSHに入ってから何年間も人に救われてばかりだったので、人の優しさに触れたぶん、人が困ってる時に次は自分が優しさを出せる人になりたいし、いい人になりたいなって。いまは単純にそういう強い思いがあります」

――アユニさんの思う〈いい人〉ってどういう人のことでしょう。

「物事から目を背けない人。しっかり何がどうなってこうなってるのか、こうなったから次はどうしたいのかっていうのを、自分はいままで考えない人間だったんですよ。でも、それを考えて、自分で暮らして、生活して、乗り越えていくと、次の日の朝も楽しみになるというか。前は〈朝なんて来ないでくれ〉って思ってたけど、自分の考え方を変えれば世界が変わるんだっていう、そういうことをちゃんと理解できる人がいい人だと思います。人のことは変えられないから、変えられるのは自分だけなんだっていう、哲学的な話ですけど」

――それで言うと、〈9時前にインターホンが鳴る 再配達を受け取った!〉っていうのが象徴的ですね。ちゃんとしてないと受け取れないし。

「そうなんですよ。なかなか無理ですよね(笑)。でも、ちゃんと早起きして自律神経を整えたら受け取れるんですよ」

強がりすぎず,受け身すぎず

――ところで、再録アルバムもそうでしたけど、歌唱について意識的に変えている部分はありますか? “さすらひ”ぐらいから歌い方のトーンが柔らかくなって自然でいいなと思って。

「え~、嬉しいです。いままでは音楽の知識なく歌って踊ってたんで、とりあえず出せる声を出して喉を壊しちゃうみたいなこともけっこうあったんですけど、ボイトレの先生を替えたり、歌の基礎をまず学んで、そこから自分がどんな声色を出したいかっていうのも考えるようになりました。音楽との向き合い方が変わってからは、歌うことに対しての意識も変わりましたね」

――そうなんですね。で、めっちゃピクシーズみたいな疾走感のあるカップリングの“手紙”は作曲も田渕さんです。

「凄いオルタナティヴな、ひさ子さんって感じの曲ですよね。これは3年前ぐらいに作っていただいていて、めっちゃカッコイイ曲だからいつか出したいと思ってずっとストックしてました」

――“日常”(2021年)と同時期にあった曲なんですかね。

「ああ、そうです。最初はサビの歌メロとか、もっとシャウトっぽい感じだったんですけど、私のやりたい音楽の方向性が変わってきたのをひさ子さんもわかっていたので、今回のためにちょっと作り直してくださったりして完成しました」

――歌詞でいうと“飛んでゆけ”と“手紙”で言葉が往復してる感じだし、〈長いまつ毛〉という共通するワードもあって、繋がりを持たせた雰囲気もありますね。

「そうですね。そこはリンクさせたりしていて、こちらはホントに大事な人やファンの方からもらった手紙について書きました。言葉の力って凄いと思ってるんですけど、自分が受け入れようとしてなかったら言葉をもらっても届かなかったりするじゃないですか。でも、自分が人間ってこういうものなんだっていうのを知ってから読む手紙にはホントに救われて。ましてや、人が人のために文字を手で書くのって、書いてる間はその人のことしか思ってなくて。あと、自分のことを書いてくれるファンの方もいて、〈みんなこうやって生活してるんだな〉って理解できたりして、手紙って凄いなって改めて思ったのを書いた曲です」

――はい。そんなシングルのリリースに前後して、4か月にわたるツアー〈後日改めて伺いました〉が始まっています。新体制では初のツアーですね。

「ひさ子さんとゆーまおさんにとってもいまのPEDROは未知だと思いますし、やっぱりバンドってライヴの数を重ねればどんどん気付けることも増えると思うので、いっぱい一緒にライヴできるのがホントに楽しみですね。それと、自分が読書をしたり音楽を聴いたりするときに受け取る感覚が凄く変わったので、そうやって感覚の変わった自分がライヴをどういう意識でできるのか、それは自分でもちょっと怖い部分でもあり、楽しみな部分でもあります」

――もうリハなども重ねられてると思いますが、ゆーまおさんはどんな方ですか?

「いや、もう良い兄さんですよ。ナイスな兄さんって感じ。私は中学生の頃から勝手に一方的なファンなんですけど、やっぱドラムが巧すぎるんでホントに勉強になりますし、一緒にセッションすると〈この人はどこまでも探求心がある方なんだな〉って思います。音楽のこととか私の知らない世界のこととか、いろんな物事に詳しいので話していておもしろい方ですし、単純に優しいっていう。柔軟性もあり、探求心もあり、こういう人だから忙しくてもたくさんのアーティストの方にサポートを頼まれるんだろうなって思いました」

――波長が合う3人という感じですか。

「いや、ホントに。ありがたき幸せな環境ですね。ゆーまおさんも別に〈めっちゃ明るいぜイェイイェイ〉みたいな方ではないので(笑)、私とひさ子さんに通ずる部分がある……って言ったら恐縮ですけど、雰囲気的にそこまでテンション感がズレないというか」

――そんな3人の化学反応も観れるツアーになるということですね。

「そうですね。前はライヴを仕事だと思ってやってたんですけど、バンドとしてゼロからイチを作る表現者として、そんな向き合い方じゃたぶん違うなってようやく気付いたので、もっともっと自分から作り出していかないと、たぶんPEDROとして表現できないなっていう気持ちです。BiSHの時からツアー初日って絶対に思った通りいかなくて、夜に泣いてた記憶ばっかりなので、今回のツアーでは強がりすぎず、だからといって受け身すぎず。この自律神経が整ってる状態の自分が、いままで卑屈になってた部分をもっと柔らかくして、どうやって表現者として音楽と向き合えるかも未知なので、そういう意味でもツアーが楽しみですね」

――11月のツアーファイナルは2度目の日本武道館になりました。前は立つこと自体に意味があった感じではありましたけど、改めて今回はどんな意識でしょうか。

「そうですね。いまの自分でまた武道館に立てるんだって思うと、PEDROの体制的にもそうですけど、また初めての武道館みたいな感覚があるというか。前回は武道館っていう存在が自分の中で異質だったのもありますし、コロナ禍で来られなくなった人も多かったので、〈いまこのご時世で、武道館でどこまでできるか〉みたいなのもあって、正直言えば未知ではありますけど、凄い楽しみです。自分がそこにどう向き合えるかを考えながら、自分がそこでどういう時間を作りたいのかをこのツアーで見つけ出して、満員御礼の武道館をできるように精進したいですね」

 

左から、PEDROの2023年作『後日改めて伺いました』、活動休止までの半年間を追ったドキュメンタリー作品「LOVE FOR PEDRO」、横浜アリーナ公演の模様を収めた映像作品「さすらひ」(共にユニバーサル)

サポート演奏陣の近作を紹介。
左から、NUMBER GIRLのライヴ盤『LIVE ALBUM「NUMBER GIRL 無常の日」』(ユニバーサル)、ヒトリエの2022年作『PHARMACY』(ソニー)