COLUMN

追悼 チャーリー・ヘイデン

寄り添うこと、そして語り合うこと ―チャーリー・ヘイデンとデュオ―

追悼 チャーリー・ヘイデン

 チャーリー・ヘイデンは「ジャズ」という音楽の深さと広さ、そして自由さと美しさを教えてくれたミュージシャンだった。

 フリー・ジャズの闘士でありつつ、カントリー・ミュージックを家族と共にうれしそうに演奏したヘイデン。政治的主張を音楽で表現しつつ、ため息が出るほどに美しい曲を数多く作ったヘイデン。「リベレーション・ミュージック・オーケストラ」という集団を組織してリーダーシップを発揮しつつ、アンサンブルの最小単位である「デュオ」での演奏を愛したヘイデン。驚くほど幅広い音楽を演奏していたヘイデンが、最終的に音楽に求めていたものは、音楽を通じて人々が信じ合い、語り合うことだったのでは、という気がしてならない。そしてその根底には、彼が弾くウッド・ベースの太くて温かい音色があった。ヘイデンのそうしたヒューマニティと対話への欲求、ウッド・ベースのすばらしい音色と自由奔放で安定感に溢れた演奏を、最も端的に知ることができる形態は、デュオによる演奏なのだと思う。

【参考動画】チャーリー・ヘイデンの76年作『Closeness』収録曲で、
オーネット・コールマンとのデュオによる“O.C.”

 

 ヘイデンがスタジオでデュオを集中的に録音したのは、1976年から77年にかけてのこと。それらはまず、ヘイデンのリーダー作『クロースネス』に、キース・ジャレットオーネット・コールマンアリス・コルトレーンポール・モチアンとのデュオ1曲ずつが収録され、続いて『ゴールデン・ナンバー』で、ハンプトン・ホーズドン・チェリー、オーネット、アーチー・シェップとの演奏が紹介された。この2枚はどちらも、共演者に寄り添い、語り合うことの名手としてのヘイデンを知るための好例だが、特に『クロースネス』でのキース・ジャレットとの「エレン・デヴィッド」、オーネット・コールマンとの「O.C.」は感動的な名演。前者は、「ファースト・ソング」「サイレンス」と並ぶヘイデン畢生の名曲で、それを実に美しく弾くキースと、ぴったりと寄り添いつつ奔放に絡むヘイデンの対話がすばらしい。後者は初期オーネット・カルテットを二人で再現しているような、アップテンポの生気に溢れたデュオだ。ホーズとの76年8月のセッションは、ホーズの死後(77年)に『アズ・ロング・アズ・ゼアズ・ミュージック』、オーネットとの77年1月のセッションは『ソープサッズ』というアルバムになった。ホーズの遺作となった前者は、ビバップ・ピアニストと思われていたホーズの、モダンで自由な演奏が感動的な作品。オーネットがテナー・サックスとトランペットを吹く後者での、二人の緊密な対話ぶりと、いつにも増してメロディアスなオーネットがすばらしい。

 その後も、ヘイデンは多数のデュオ作を発表してきた。クリスチャン・エスクーデパット・メセニーエグベルト・ジスモンチデニー・ザイトリンケニー・バロンゴンサロ・ルバルカバハンク・ジョーンズなど…。その中で最もポピュラーなものはメセニーとの『ミズーリの空高く』だろうが、ギタリストとのデュオなら、フランスのエスクーデとの『ジタン』がお気に入りだ。冒頭の「ジャンゴ」が始まった瞬間、「ずーーん」というヘイデンの超低音がスピーカーから飛び出してくる、ベーシストとしてのヘイデンの凄みがよく分かるアルバム。ジスモンチとの『イン・モントリオール』も思わず落涙の傑作だ。「マラカトゥ」「ファースト・ソング」「サイレンス」「フレヴォ」などの名曲が次々と、この上なく美しく奏でられるのだから。

【参考音源】キース・ジャレットとチャーリー・ヘイデンの2014年作『Last Dance』

 

 2007年、ヘイデンはキース・ジャレットの自宅スタジオでデュオを録音した。2010年リリースの『ジャスミン』、そして2014年、ヘイデンが亡くなる直前に出た『ラスト・ダンス』がその時の録音だ。ここでの二人は、美しい曲の旋律と和音に身を委ね、まるで曲と一体化しているように思える。それにしても、『ラスト・ダンス』の最後の2曲が「エヴリタイム・ウィ・セイ・グッド・バイ」と「グッド・バイ」だとは! ヘイデンはみんなに「さようなら」を言って天上に向かったのだろうか。

 

Charlie Haden(チャーリー・ヘイデン)[1937- 2014]

1937年8月6日アイオワ州シェナンドア生まれ。音楽家の家庭に育ち、幼少期から音楽を始め10代でベースを弾く。アート・ペッパーデクスター・ゴードン等と共演を重ね、20代でオーネット・コールマンのバンドに参加。パット・メセニーとの共作アルバム『Beyond the Missouri Sky (Short Stories)(邦題:ミズーリの空高く)』で98年度のグラミー賞ジャズ・インストルメンタル部門賞を、2013年にはグラミー賞生涯功労賞を受賞。2014年7月13日に76歳で亡くなった。

関連アーティスト
40周年 プレイリスト
pagetop