COLUMN

デヴィッド・シーテックのスタジオから発展する形で始動したレーベル、フェデラル・プリズムとは

TV ON THE RADIO 『Seeds』 Part.4

 デヴィッド・シーテックがLAに構えたスタジオから発展する形で2012年に始動したレーベル、フェデラル・プリズム(以下FP)。設立当初こそ、テレパスホーリー・ミランダらが気まぐれに7インチを出すという、TVOTRファミリーの溜まり場的な雰囲気も強かったのですが、やがて少しずつ手を広げていくことに。

【参考動画】テレパスの2013年発表曲“Slow Learner”

 

 契機となったのが、エピックから移籍してきたデンマークの歌姫、オー・ランドの『Wish Bone』(2013年)でしょう。〈ロマンティックな北欧エレポップとUSインディーとの最上の出会い〉と各所で絶賛された本作以降、FPはアーティストの数を増やし、ウェイン・コインフレーミング・リップス)の甥っ子が率いるスターデス・アンド・ホワイト・ドワーフスや、クール・キッズチャック・イングリッシュのアルバムをリリース。また、今年ここ日本でも話題を呼んだ2組――10代らしいヤンチャなガレージ・ロックを聴かせるオーウェルズと、ストロークスのジュリアンが可愛がっているパンク・バンドのセレブラル・ボールジーも、最新作を出す前に同レーベルより7インチを発表しています。

【参考動画】オー・ランドの2013年作『Wish Bone』収録曲“Renaissance Girls”

 

【参考動画】スターデス・アンド・ホワイト・ドワーフスの2014年作『Wastoid』収録曲“The Frequency”

 

【参考動画】チャック・イングリッシュの2014年作『Convertibles』収録曲“Legs”

 

【参考動画】オーウェルズの2014年作『Disgraceland』収録曲“Let It Burn”

 

【参考動画】セレブラル・ボールジーの2014年作『Jaded & Faded』収録曲“Better In Leather”

 

 現在、スカーレット・ヨハンソンフレディ・ギブスが仲間入りするとの噂も流れ、いやはや、FPはどこまで勢力を拡大していくのでしょうか。。

 

▼関連作品
左から、オー・ランドの2013年作『Wish Bone』、スターデス・アンド・ホワイト・ドワーフスの2014年作『Wastoid』(共にFederal Prism)、チャック・イングリッシュの2014年作『Convertibles』(Sounds Like Fun/Federal Prism)、オーウェルズの2014年作『Disgraceland』(Atlantic)、セレブラル・ボールジーの2014年作『Jaded & Faded』(Cults)
※ジャケットをクリックするとTOWER RECORDS ONLINEにジャンプ

TOWER DOORS
pagetop