落語家・隅田川馬石が飄々とした語りで噺の世界に引き込む、〈究極の音にこだわる落語シリーズ〉からの新作CD

隅田川馬石 『隅田川馬石 元犬/崇徳院/甲府い ビクター二八落語会 ~究極の音にこだわる落語シリーズ』 Victor Entertainment (2014)
2015.02.27

読んでそのままスミダガワバセキ(隅田川馬石)さんの新しいCDが「究極の音にこだわる落語シリーズ」からリリースされました。前座の頃からやっていたという《元犬》。飄々とした語りでナンセンスな噺の世界にいつの間にか引き込みます。もとは上方落語の《崇徳院》。こちらは江戸前のすっきりしたカタチで聴かせます。うまく整理されていて後半の盛り上がりも十分です。最後は《甲府い》で締めます。こういった類のいい話は、本当は裏があるんじゃないかぐらいでちょうどいい。裏のうらをかくぐらいに。だって落語なのに『いい話でしたね』で終わられてもね。馬石さんには見事に騙されました。納得の一席です。

【参考動画】隅田川馬石による“時そば”
関連アーティスト
TOWER DOORS