菊地成孔&大谷能生のJAZZ DOMMUNISTERS、SIMI LABメンバーも参加で独自のヒップホップ/ラップ志向が結実した2013年作がリイシュー

2015.04.17

菊地成孔大谷能生のユニットが2013年に放った自主制作盤が、若干内容を変え、ボーナス曲と共に晴れて一般流通を開始。メタやネタに堕さぬヒップホップ/ラップ志向が彼らなりのアプローチへと結実し、知的に花開く。かねてから交流のあるSIMI LABの面々との共演も随所で形となり、怒りを起点とし、縦横無尽な視点がリリカルに飛躍するMOE(快演!)とDyyPRIDEを迎えた“AGITATION”は、なかでも鮮烈だ。

TOWER DOORS