2015.06.02

サーストン・ムーアと、チェルシー・ライト・ムーヴィング仲間でマルチ・インストゥルメンタリストのジョン・マロニーによるこのコラボ盤は、サーストンのソロ・キャリア中でもエクスペリメンタルな部類に入る内容だろう。しかし、激しいドラムとヘヴィーでフリーキーなギターが交差する作りは、かつてのソニック・ユースとかスワンズとかがフリージャズと混じった時のような、ノイズスカム・ロックを彷彿とさせる。

TOWER DOORS
pagetop