五嶋龍、クライスラー〈美しきロマンス〉やマスネ〈タイスの瞑想曲〉など見事な選曲&煌びやかな音色に心奪われる初ベスト

2015.11.26

2012年に『リサイタル』を発売してから3年の月日が経った。その間、ミュンヘン・フィルとの共演をはじめ、数多くのコンサートを行ってきた五嶋龍。11月にはフランクフルト放送交響楽団との演奏が予定されている。そして今年は彼自身、演奏家として記念すべき節目の年。コンサートデビュー20年。CDデビューは10年を迎え、これまでの演奏活動の集大成ともいえる初のベスト・アルバムをリリース。選曲も実に見事でクライスラーの《美しきロマンス》や 《愛の哀しみ》。マスネ《タイスの瞑想曲》といった親しみ深い楽曲の数々。その煌びやかな音色に終始心奪われてならない。

TOWER DOORS