2016.03.07

交流のある多種多彩なミュージシャンからの提供曲で構成されたニュー・アルバム。今回はいっちょシンガーに専念してみようか、という気持ちで臨んだようだが、峯田和伸といっしょに〈骨までしゃぶらせて〉と力強く叫んでみせたり、DJみそしるとMCごはんと2人で〈ビーフ、ビーフ〉と飛び跳ねていたり、普段じゃお目にかかれない姿が随所にあっていちいち楽しい。声色や声の張り具合などを変化させながら、寄り添い、溶け込むようにして雑多な楽曲を演じ分ける巧さにまず耳がいくけれど、結局のところは絶妙な揺れや独特な雑味を含んだ彼女の歌声の気持ち良さを認識する結果に辿り着く。〈どんな衣装を着たって彼女は彼女〉ってことが印象付けられる。そんな本作のハイライトは、バート・バカラック風味を豊富に取り入れた〈馬の骨〉色の濃い堀込泰行提供の“夢告げで人”から、Charaにしか書けない優しく包み込むような“やさしいだけじゃ聴こえない”へと繋がるライン。美しいバラードが多めなところも特色かも。

TOWER DOORS
pagetop