安藤裕子『Barometz』岡田拓郎や角銅真実が援護 トオミヨウ、Shigekuniとの共同プロデュースで織りなす深遠な世界

2020.09.23

世界各地の荒野に咲いたとされる伝説の植物の名を表題に掲げた通算10枚目。4年半ぶりのフル・アルバムということもあり、トオミヨウやShigekuniといった面々と新たな音楽領域を開拓しようとする試みが多々見られるものの、従来の見慣れた景色に帰着しているというか、安藤裕子の森の深遠さを存分に知らしめる結果となっている。岡田拓郎のギターが紡ぐサイケなトーンも印象的な“一日の終わり”や角銅真実の操るマリンバが著しい異化効果を生み出す“青の額装”など儚くも美しく、かつ味わいがディープな曲の数々。かと思えば、胸を締め付けるファルセットが冴えるバラード“ 曇り空に君が消えた”で大いに泣かされたりもするけれど、とにかく彼女の得意とする魔法が躊躇なく働いた作品なのは確か。

 

TOWER DOORS