大橋トリオの10作目は、斉藤和義とデュエットしたロック・ナンバーからアーバンなディスコ・ファンクなどいつも以上にキャラ立った楽曲並ぶ一枚

2016.03.14

記念すべき10枚目のオリジナル・アルバム。斉藤和義とのデュエットを聴かせるロック・ナンバーから、アーバンなディスコ・ファンク、ピアノ・トリオ編成でソロ回しを披露するジャズと、いつも以上にキャラの立った曲が並ぶ。もちろん、その中心にあるのはシルクのような歌声とメロウなソングライティングであり、国内外でソウル~R&Bを採り入れた男性シンガーが活躍するなかにあっても、この人の存在感はやはり格別だ。


[English Translation]
ohashiTrio  "10"

Solo songwriter/singer/piano player, ohashiTrio marks a memorable milestone with this 10th original album. Unrolling well-assorted tracks ranging in styles from rock in a duet with singer-songwriter Kazuyoshi Saito, urban disco funk and jazz in piano-trio style featuring his brilliant solo, the latest album sports his versatile character more than ever, not to mention the silky vocal and mellow songwriting firmly set at the core as usual. In the heat of more successful male singers taking on the styles of soul and R&B here and abroad, his own distinctive presence absolutely stands out.

関連アーティスト
TOWER DOORS