INTERVIEW

CREAM 『#nofilter』(1)

#R&B #HIPHOP #EDM #NEWJPOP な2人が #nofilter に本性を曝け出す。パーティー&ブルシットな日常をポジティヴに彩るCREAMに最大のスクリームを!

CREAM 『#nofilter』(1)

違う引き出しもあるよ

 ファースト・アルバム『DREAMIN'』を昨年2月にリリース後、24都市を巡るクラブ・ツアーや夏フェスへの出演、個々の客演や作家仕事などを通じ、全国に熱烈なファンを増殖させてきたCREAMが、セカンド・アルバム『#nofilter』を完成させた。タイトルの言葉は、TwitterやInstagramなどのSNSでぶっちゃけた発言や飾らない写真・動画をアップするときに使われるハッシュタグに由来。まずそれをテーマに据えてアルバム制作が始まった。

CREAM #nofilter rhythm zone(2014)

  「自分らしくやりたいサウンドをやって、言いたいことを言って、汚いこともきれいなことも全部思ったままやるっていうコンセプトのもとに全曲が作られているんです。より自由な気持ちで作りましたね、今回は」(Minami)。

 昨夏に先行シングルとして届いた爽快な炭酸系EDMチューン“Wonderland”やバンギンなヒップホップ“WINNER”、ブギー×テック・ハウスな“Hurry Up”など、フロア映えするナンバーを本作にはいくつも収録。なかでもハード&ドラッギーなトラップ・チューン“PARTY CHAKKA-MEN”は激ヤバの仕上がりだ。

 それともう1曲、話題になりそうなのがm-floのヒット曲“How You Like Me Now?”(2001年)をサンプリングした“Nobody”。2000年代初頭のR&Bヒップホップのエッセンスを注入したナツカアタラシイ音はシーンに一石を投じそうだ。

  「僕たちにはEDMとは違う引き出しもあるよっていうことを見せたいなと思って。USでアリアナ・グランデビッグ・パンをサンプリングするなら、日本で活動する僕たちは日本のクラシックなヒップホップを使って何かできないかと。サウンドのお手本はジェイZの“Izzo(H.O.V.A.)”にあって、アナログっぽい質感のすごく明るいヒップホップを作りたかった。こういうサウンドが日本のシーンにもいずれ増えてくると思うんです。それをいち早くやっとこうと」(Staxx T)。

 時代と次代が詰まった本作のキーナンバーとしてMinamiが挙げるのは、アコースティック調のサウンド作りに初挑戦した美麗ミディアム“Beautiful”。実は、本作の一発目に“Wonderland”を完成させた後の彼女はスランプに陥り、3か月ほどまったく曲が書けなかったそうなのだが、その状況を打破したのがこの曲だったそうだ。

  「それまではトラック先行だったんで、どうしてもそれに合わせちゃって自分が書きたいメロディーが自由に書けない状況になってたんです。それでスタッフから提案を受けて、ゼロの段階からピアノを弾く作曲家とセッションして曲を書いてみようと作ったのが“Beautiful”。無駄がないというか、ひとつのストーリーのようになってる、流れるようなメロディーが書けるようになったと思う」(Minami)。

 

 

ありのままを隠さずに見せる

 その“Beautiful”は女性に宛てた歌。ネオン瞬く都会で働く夜の蝶を思い浮かべて書かれたというこの曲は、リリック面でもCREAMの新しい扉を開けた。

  「着飾って外見を作り込むことばかりに必死になって、自分の本当の美しさや素敵な部分を忘れてるんじゃないかっていうことを伝えたかったんです。“Beautiful”は生々しい部分を書いたと思ったし、世の中の汚い部分を隠さずに描くとどんなアルバムになるのかっていう興味も出てきた。それがあったから“Hobokano”も書けたと思う」(Staxx T)。

 切れてるようで切れてない間柄。別れたつもりが、気付けばまたベッドの中——“Hobokano”に描かれているのは男と女のそんな曖昧な関係。貞淑な女性からは〈サイテー! こんな男ありえない!〉なんてブーイングも聞こえてきそうだ。

  「そういう関係を否定するわけでもなく、肯定するわけでもなく、でも世の中にはそういう状況があるんだから切り取ろうと。互いに〈彼氏〉〈彼女〉と言わないことで隙間を作っておいて、その余裕があるぶん〈まあ、いいっしょ〉って他の子と遊びに行ったりもする。そういう曖昧な繋がり、ゆるい関係で恋愛してる人って意外と周りにも多いから」(Staxx T)。

  「私もこれは全然アリな歌だと思ってる。逆に〈ほぼ彼〉だってあるわけだし(笑)」(Minami)。

 CREAM初のスッカスカほっこり系トラック“You Never Know”や、葉加瀬太郎“エトピリカ”をネタ使いした“Far Away”、まばゆい光に包まれるような“See The Light”は、ざっくりいうと人生の歩み方を綴った曲。とはいえ、上から目線で人生論を説くのではなく、答えの出ない人生についてちょっと考えてみようよ、くらいのスタンスでリスナーの意識を高めさせる。

  「僕らにはパーティーな部分もあって、イケイケなところもあって、だけど“Just Like You”では〈彼女が忘れてった指輪とか棄てられないんだ、コイツ〉みたいな、そういうこともありのままに書く。そこも隠さずに見せるのがCREAMのストロング・ポイントだと思う。前作は僕らの華やかな部分をちゃんと見せようとしてたけど、そのレヴェルはキープしたまま、今度はダークサイドを隠さずに見せようと。ただ、自分たちをさらけ出すだけじゃなく、〈お前らもそうやん?〉っていうのも同時に言いたかった。で、そんなヤツも人生のことをこんなにいろいろ考えてるんだっていう。それが人間なんじゃないかと思うんですよね」(Staxx T)。

 デビュー後、EDMを中心にアッパーなダンス・サウンドを繰り広げてきたCREAMには享楽主義なイメージがあるかもしれないが、実はそうじゃない。人生のちょっとしたエグみや苦み、心にモヤモヤと漂う切なさや寂しさを切り取った『#nofilter』からはCREAMの人間味や深みが感じられるはずだ。

  「でも、明るいんです。どんな曲も明るく終わらせるし、希望を与える感じはあると思うから。そこもCREAMのストロング・ポイントですよ」(Minami)。

 

 

▼CREAMの2013年作品

左から、ファースト・アルバム『DREAMIN'』、シングル“Wonderland”(共にrhythm zone)参加したコンピ『Electronic Disney Music』(Walt Disney)
※ジャケットをクリックするとTOWER RECORDS ONLINEにジャンプ

タグ
EDM
関連アーティスト
TOWER DOORS
pagetop