アーロン・パークスがピアノトリオで01年に録音の若きマイナー時代最後の作品『Shadows』 レディヘのカヴァーも

2016.10.06

カート・ローゼンウィンケルアンブローズ・アキンムシーレなど、数多くの若手ジャズ・ミュージシャンと共演経験があり、弱冠24歳にしてブルーノートからメジャーデビューした今をときめく若手ピアニストの、2001年に録音されたマイナー時代最後の作品。オリジナル曲の他、《Alone Together》《Solar》といったジャズ・ファンに馴染みの深い曲や、レディオヘッドのカヴァー《Knives Out》を収録。近年よくとりあげられているように、レディオヘッドの楽曲とジャズとの相性はやはり抜群で、アーロンの繊細なタッチによりメロディの美しさが際立っている。

関連アーティスト
TOWER DOORS