2014.05.30

優雅さとドープな味わいを宿したジェレミー・アールファルセット・ヴォーカルで、インディー・フォーク・ファンを魅了しているウッズ。アルバムを追うごとにローファイ感は薄れつつあるなか、新たな魅力として浮上してきたのがバンドの結束力だ。9分にも及ぶタイトル曲はその典型で、力強いアンサンブルによって奏でられるサイケデリックなサウンドは、メロディーの良さと相まって心にグッと迫るものがある。

関連アーティスト
TOWER DOORS
pagetop