コラム

リアム・ギャラガー(Liam Gallagher)『As You Were』バンドという形にこだわってきた男が、なぜいまソロとして再出発するに至ったのか?

リアム・ギャラガー(Liam Gallagher)『As You Were』バンドという形にこだわってきた男が、なぜいまソロとして再出発するに至ったのか?

見よ、このふてぶてしい面構えを! 過去の栄光を無理に拭うのでもなく、だからといってすがりつくのでもなく、自身の半生を詰め込みながら未来を見据え、リアムがリアムらしい堂々たる姿でソロ・デビューだ!!

ファンの無念を晴らす一枚

 ビーディ・アイが2013年6月に発表した2作目『BE』は、もっと高評価を得ても良かったのでは?――そんな気持ちが個人的には残っている。シンガーとしてのリアム・ギャラガーの素晴らしさはオアシス時代から誰もが認めるところだと思うが、ソングライターとしてのリアムの個性は、それこそ彼のパブリック・イメージとは大きく異なる。60年代のロックンロールを思わせる部分も彼の書いた曲にはしばしば顔を出すが、リアム曲の真骨頂と言えば繊細な柔らかさとたおやかさ、そして優しさ。『BE』ではそんな彼の側面もじっくり堪能できた。しかしリリースの1年4か月後にビーディ・アイは突然の解散。とても残念だった。

LIAM GALLAGHER As You Were Warner Bros./ワーナー(2017)

 それからちょうど3年。ついに完成したリアムのキャリア初となるソロ・アルバム『As You Were』は、ビーディ・アイがファンの心に残した無念を、きちんと昇華してくれる作品に仕上がっている。と同時に、オアシスの解散後に兄以外のメンバー全員とそのまま進んだのがビーディ・アイだったことを考えると、ついにリアムがオアシスを脱皮して次の一歩を踏み出した一枚とも言えよう。ジャケット写真(エディ・スリマンによる撮影だそう)を見た瞬間から、嬉しくなってしまった。ニコリともしていないのが良い。ステージの上で決して笑顔を見せない男が、ようやく第一線に帰ってきたわけだ。

 今年6月にリリースされた先行シングル“Wall Of Glass”では、このキーでいまもダイナミックな曲調を歌えるリアムの喉にも驚いたが、アルバムを通して聴くと、アコースティック・ギターの似合うミディアム・ナンバーの美しさがやはり大きく心に残る。だから、オアシスの初期作品のようなサウンドをゆめゆめ想像するなかれ。むしろ、例えば“Paper Crown”のシンプルでフォーキーなアプローチだとか、“Universal Gleam”のようにオーソドックスなシンガー・ソングライター然とした心地良い曲調とビートルズ風のサイケデリアを合わせた曲の出来が本当に素晴らしい。ドライヴ感のある“I've All I Need”といった楽曲も、できればライヴではエレキ・ギターの強めな音じゃなく、軽やかなムードを活かして演奏してほしいな、とすら思う。