INTERVIEW

BiSH“PAiNT it BLACK” セントチヒロ・チッチが明かす、1年ぶりのニュー・シングルに込めた変化と挑戦、横アリへの思い

BiSH“PAiNT it BLACK” セントチヒロ・チッチが明かす、1年ぶりのニュー・シングルに込めた変化と挑戦、横アリへの思い

“プロミスザスター”から1年ぶりとなるニュー・シングル――またも大勝負を控えたシチュエーションで懸命に駆ける日々、6人は今度もきっと約束を守ってくれる!

 幕張の大舞台で〈GiANT KiLLiNG〉を果たし、ドキュメンタリー映画の公開まで実現した2017年、前年の熱気を凌ぐ形で飛躍したBiSH。ただ、継ぎ目なく突入した今年に入ってからの活躍ぶりを見れば、その魅力がもっと遠くに届く可能性を感じざるを得なくなるでしょう。1月から〈BiSH pUBLic imAGE LiMiTEd TOUR〉に踏み出し、5月に過去最大規模の横浜アリーナ公演を控える6人の勢いはいまなお天井知らずのままです。今回は“プロミスザスター”以来1年ぶりとなるニュー・シングル“PAiNT it BLACK”のリリースに際し、グループの大黒柱たるセントチヒロ・チッチに話を訊いてみました。

BiSH PAiNT it BLACK avex trax(2018)

 

BiSHの強さが増えていく

――昨年『THE GUERRiLLA BiSH』を出されて、その後に「ミュージックステーション」など著名な番組に出演される機会も増えたわけですけど、BiSHの広がりを実感することは多くなりましたか?

「外で話しかけられる頻度が上がったとかはないですけど(笑)。いまのツアーはどの場所に行っても〈初めまして〉の方が多くて、〈どこで知ってくれたの?〉って訊いたりもするんですよ。TVきっかけの方ももちろんいますけど、それより〈アルバムを聴いて〉とか〈好きなバンドがBiSHの曲を勧めてたので、気になって〉って方も多かったりしますね。ライヴの楽しみ方も、初めての方が周りを観ながら一緒に楽しんでくれてる感じとか、それが凄く新鮮で好きです。あと、音楽とは違うお仕事、例えばお洋服の仕事をした時とかに、BiSHを好きでいてくれたり、前よりも知ってくれてる人が多くなって、それも嬉しいですね」

――そこでニュー・シングル“PAiNT it BLACK”のお話ですが、今回はTVアニメ「ブラッククローバー」のオープニングテーマになっています。

「『ブラッククローバー』の主人公とBiSHって凄く重なる部分があって。BiSHはここまで活動してきた3年のなかで、ちょっとずつ背伸びした挑戦をしてきて……強い者に立ち向かって、何とか協力してそれを乗り越えて、勝ち進んできて、っていう感じなんですけど、そこはアニメの内容にも通じる部分なんです。1番はアニメの主人公にピッタリ合ってる歌詞で、2番は〈BiSHだって目を閉じては〉っていう歌い出しから始まってBiSHも感じ取れる歌詞になってて。うん、弱い者が強い者に立ち向かっていく感じは、やっぱり重なりますね。〈黒く塗る〉って感じでアー写も真っ黒だけど、そのなかにも〈青く〉とか〈赤く染めろ〉って言葉があるのは、青臭かったり、いままで〈茜色〉ってよく歌ってきたBiSHっぽさが散りばめられてるのかなと思います」

――変化でいうと、これまでチッチさんとアイナ(・ジ・エンド)さんが歌の主軸となってきましたけど、歌唱のパート割りはいままででいちばん均等になっていて、アユニ・Dさんがメインになっています。

「そうですね。アユニはサビのリレーの部分とかもいままでで一番多いし、そこは新しいですね。去年のアルバムでメンバー個々の歌がどんどん良くなってきて、良い意味でバランスが取れてきたから、プロデューサーの松隈(ケンタ)さんが〈“PAiNT it BLACK”はアユニをメインにして、新しいBiSHっていうものに挑戦してみたい〉って言ってて。それは、これから変わっていく初めの一歩っていう感じでもあるし、凄くいいなって思います。振り付けも今回はアイナじゃない方にお願いしてて、そこはアイナにとっても挑戦だから、BiSHにとっても挑戦の詰まった曲です」

――そうなんですね。ちなみに、いままでと比べてチッチさん自身の歌割が少なくなったことについては率直にいかがですか。

「そうですね、曲によって歌割が変わるのは前からあったし、昔の私だったらたぶん病んでたけど(笑)、いまは逆にそこまで気にしないですね。私が歌える曲はたくさんあって、今回アユニだったけど、今度はリンリンかもしれないし、モモコ(グミカンパニー)かもしれないし。今回は自分の歌うパートが凄く好きで、気持ち良く歌えてるから大満足です(笑)」

――その意味では、今回カップリングの“SCHOOLYARD”もアユニさんの個性に寄り添った雰囲気に思えます。

「うんうん、確かに。歌い出しもそうだし、〈校庭〉って言葉が一番合いますよね。セリフもあったり、この青臭い感じが個人的にめちゃめちゃ好きです。曲は“PAiNT it BLACK”より前にあって、もともと去年の『THE GUERRiLLA BiSH』の時に出来てた曲なんですけど、アルバムに入らなくてここに持ってきたっていうのは意味があると思うし、アユニの声もハマッてるなって思います。今回のシングルはそういうアユニの強さも引き立ってて、そこでまたBiSHの強さが増えていくわけだから凄く嬉しいですね」

――“SCHOOLYARD”はちょっと不思議な熱さがあるというか、この、ちょっと芝居がかったセリフの感じとか。

「ね、おもしろいですよね。セリフの部分は実際の経験なのかわからないですけど、デモの段階からこれだったんですよ。全体の歌詞は、誰もが経験したような昔のもどかしい思いが描かれてて、青春時代を過ぎて大人になった人たちが聴いてもらっても全然おかしくないなって思うし、がむしゃらにやってきたBiSHに凄くハマるので、凄い好きな部分の歌詞がたくさんあって、選べないくらいなんですけど、“PAiNT it BLACK”とはまた別の角度ですね」

――どっちも刺さる言葉が多いですけど、“PAiNT it BLACK”のスケール感とはまた違う、ちょっと身近な世界観というか。

「そう思います。全然違うんですけど、どっちの曲も等身大なんですよね」

 

それぞれの歴史に刻まれる日

――レコーディングに取り組むなかで、チッチさん個人に対する松隈さんのオーダーが変わった点などはありますか?

「変わらず〈ストレートに歌って〉〈チッチらしく歌って〉って言われることが多いんですけど、でも、前回のアルバムくらいから〈ロックなチッチで歌ってみて〉って言われることが増えました。昔は歌えなかったんですけど、ロックが好きだから、いっぱいいっぱいいろんなライヴを観に行って、そうするうちにロックっぽいっていうか、強めな歌い方もできるようになって挑戦したりとか。“PAiNT it BLACK”の時は、喉の調子があんまり良くなくって、ちょっと泣きそうになりながらやってたんですよ、実は(笑)。その時はみんながカヴァーしてくれて良いものが出来たから良かったんですけど、松隈さんのなかで〈この順番で歌わないとチッチは良い歌が歌えない〉って順番があるらしいんですね。私はレコーディングでもライヴでも精神面が全部に表れるタイプなんで、そういうこともけっこう気にしてくださってるんだなって」

――そこから言うと最近のライヴのコンディションはいかがですか?

「何か、凄い最近めっちゃライヴが楽しくて。苦しいけど気持ちいい、みたいな。あと、最近のBiSHはみんなで話し合ってからライヴするんですね。その日にやるコントの内容もちゃんと決めてくし、何か話す人は〈こういう話をするよ〉とか、〈今日はこういうハコだからこうしよう〉とか、調子悪いメンバーがいたら〈ここの部分をどうカヴァーする?〉とか、ちゃんと話すようになったんで、不安要素なくライヴに臨めていて。その安心感みたいなのも個人的にはあるかもしれないです」

――いまはツアーの最中ですし、シングルが出てすぐには〈Warped Tour Japan〉出演もありますよね。

「〈Warped Tour〉凄いですよね。コーンと同じ日に出るなんてヤバくないですか? めっちゃ楽しみです。嬉しい。たぶんメンバーはみんなコーンを知らないと思うんですけど。〈コーン? それ美味しいの?〉とか言いそうなぐらい(笑)」

――(笑)まあ、〈おはスタ〉と〈Warped Tour〉を両立できる人なんてそういないですよ。

「確かに、なかなかおらんですよね……おもしろいな、考えたことなかったです(笑)。〈Warped〉はどう戦うか、めっちゃ緊張してます。でも、めっちゃチャンスだし、アウェイでも最初からどんどんアゲてって、いつものBiSHらしいライヴを披露したいなと思ってます」

――そして5月22日には横浜アリーナでの〈BiSH "TO THE END"〉が控えています。

「はい。横アリは地元の八王子からも行きやすかったんで、小っちゃい頃からよく行ってました。最近だと[Alexandros]とか、昔だとAKBさんとかを観に行ったりしてて馴染みがある場所なんですけど、やっぱりステージ側からの景色は観たことなくて想像もつかないです。ただ、距離は遠くても届くライヴがしたいと思ってます。この前、それまで小さいハコでしか観たことなかったBRAHMANを武道館で観たんですけど、武道館でもBRAHMANはBRAHMANだったんですよ。だから、BiSHも横アリでそういうライヴができたらいいなって」

――会場のスケールとかに囚われないで、自分たちらしくっていう。

「らしくやりたいです。去年の幕張の前も同じ気持ちだったし、幕張は全員が楽しんでるのがわかったから自分も楽しくなれて、だから横アリもそういう日にしたい。うん、楽しむのが一番です、全員が。辛くても〈今日があったから生きていけた〉って思ってくれる人が増えたら嬉しいし、それが横アリと私たちの歴史に刻まれるような日になって、皆さんの人生の〈この横アリが良かった〉の中で、BiSHが一番になりたいと思ってますね」

 なお、今回のシングル・リリースに前後しては、初のラヴソング“Life is beautiful”がドラマ「彼氏をローンで買いました」の主題歌となり、4月開始のアニメ「3D彼女 リアルガール」では爽やかな新曲“HiDE the BLUE”を起用されるなど、いよいよ一回り大きいフィールドでも見つかりはじめたBiSH。別掲のEMPiREなどWACK全体の勢いを牽引する存在としても期待のかかるなか、この6人なら〈TO THE END〉の先を見せてくれることでしょう。

 

タグ
関連アーティスト
40周年 プレイリスト
pagetop