INTERVIEW

TENG GANG STARR『ICON』 持たざる者ならではのポジティヴさを備えた異色のコンビが、過激でカラフルな初アルバムを語る!

Page 2 / 2

『ICON』と並べてチェックしときたいハイブリッドないろいろ異音!!

soakubeats Crude 粗悪興業(2018)

『ICON』に収録の“Tornado”を手掛け、Minchanbabyのプロデュースなどでも知られる奇才。残念ながら延期になってしまったが、この久々となる本人名義のニュー・アルバムには、“鬼火”にTGSが招かれているので併せて注目すべし。こちらもエンジニアはIllicit Tsuboiが担当!

 

Cherry Brown Geminii CNBM(2017)

今回の『ICON』でダーク&キュートなトラップ“Matenai”を手掛けるLil'YukichiことCherry Brown。こうしたオタク×クランクな世界の毒々しい彩色をプロト・トラップな10年以上前から繰り広げてきた彼は今風なハイブリッド作法の先駆者と言ってもいいのかも。

 

VARIOUS ARTISTS TREKKIE TRAX THE BEST 2016-2017 TREKKIE TRAX(2018)

『ICON』で“Dodemoii”を破壊的に構築たのは、TREKKIE TRAXを拠点に凶悪なベース・ミュージックで世界へ飛び出したMasayoshi Iimori(今年はフールズ・ゴールドからもリリース!)。ラップ曲ではDOTAMAとのコラボ歴もあるが、容赦ない暴音との相性はTGSに軍配か。

 

ゆるふわギャング Mars Ice House II Mary Joy(2018)

TGSと直接の関係はないものの、男女コンビをフロントにしてルードとナードの融和したユーモラスでサグな世界観、カラフルでキャッチーなサウンドの存在感は互いに相通じるものがあるはず(結成はTGSが先)。実際にkamuiもその活躍から刺激を受けている模様。

 

kamui Cramfree.90 TGS/LEXINGTON(2018)

『ICON』に続いてリリースされる本作はu..とのタッグ作だった『Yandel City』以来となるkamuiのソロ・アルバム。残念ながら少し先に延期になってしまったものの、音の傾向もラップの主題もTGSとはまた異なる内省に溢れた作風のようなので、楽しみに待っておきたいところ。

 

Elle Teresa KAWAII BUBBLY LOVELY West Carter(2018)

こちらも直接関係はないものの、Ryugo Ishida曲への客演やミックステープ『PINK TRAP』を通じて名を売った彼女のギャル度の高めなフロウ、かっこいい異物感はTGSにも通じるものかもしれない。なお、ボスのYuskey Carterとは〈KAWAII GANG〉を標榜している。

TOWER DOORS
pagetop