INTERVIEW

Taiko Super Kicksは〈個〉の4人の集まり――伊藤暁里が語るシングル『感性の網目/bones』に込めた意図

Taiko Super Kicksは〈個〉の4人の集まり――伊藤暁里が語るシングル『感性の網目/bones』に込めた意図

2月にリリースされたTaiko Super Kicks(以下、タイコ)のセカンド・アルバム『Fragment』は、じわじわとその聴き手の層を広げつつある。前作『Many Shapes』(2015年)同様、醒めた熱を湛えたレコードは、確実な深化を遂げたバンドの姿を静かに捉えたドキュメントとなっていた。

それから約9か月。新作として発表されるのは、CINRA.NETと東洋化成との共同制作となる7インチ・シングル『感性の網目/bones』だ。ここに来てバンドはまた、新たな方向性を模索している。

タイコの音楽に耳を傾けていて思うのは、彼/彼女らには、歌うべき言葉があるということだ。〈スーパーカーのいしわたり淳治の歌詞は、歌うべき言葉はないという前提に立っていた〉とは僕の友人の言だが、タイコはそうした虚無感から距離を置く。タイコは、伊藤暁里は、いま歌うべき言葉を掴み取ろうともがいている。

前置きはこのくらいにして、〈Mikiki Pit〉への出演も控えるタイコの最新インタヴューをお届けしよう。ヴォーカル/ギターの伊藤との対話から、バンドの2018年の姿を捉えた。

Taiko Super Kicks 感性の網目/bones Taiko Super Kicks(2018)

関連アーティスト
TOWER DOORS
pagetop